グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

外資系で必要なスキル9 - 直属上司との関係を大事に!2014.09.02

    前回、外資系でやって行くのに、人間関係にあまりとらわれないでと言っておきながら、なんだろうとお思いでしょうか?

     

    これは、日系と外資系企業における、上司の裁量権の違いを意味しています。

     

    日系企業での上司は、あなたが気に入らなければ、パワハラすることもできるでしょうし、窓際に追い込むことも可能かもしれません。

     

    でも、外資系での直像の上司があなたに出来ることを、たぶんできないだろうと思います。

     

    それは、あなたを解雇することです!

     

    ここは決定的に違います。

     

    外資系における直属の上司は、まさにあなたが生き残れるかを握っているのです。

     

    それは同時に、あなたを引き上げてくれるかどうかも、彼/彼女次第ということです。

     

    だからといって、気に染まないごますりをしろと言っているわけではありません。

     

    そんな表面的なメッキは、あっという間にはげてしまいますからね。

     

    直属の上司との人間関係にも二つの側面があります。

     

    ひとつは、プライベートまでも仲良くつきあうか。

     

    ちょっと意外かもしれませんね。

     

    外資系は、ONとOFFがはっきりしていたんじゃなかったのかと思われるかたもいらっしゃるでしょう。

     

    確かに一般論で言えばそうなのですが、そこは、ボスも人の子。

     

    やっぱり、うまが合う部下とそうでない人はいるわけです。

     

    そして、面白いのは相性がいいと、ずいぶん仲良く付き合っていたりするんです。

     

    まぁ、そおいうボスだと楽は楽ですね。

     

    でも、合わない上司のことだってあるでしょう。

     

    ここで、上司との人間関係ふたつめ、職場だけの関係に徹するが出てきます。 

    その時こそ、外資のONとOFFを切り替えるのです。

     

    あなたは、職場で最大限のパフォーマンスを出し、それによって上司の業績を 
    伸ばしたり、チームに貢献したり、彼/彼女が鼻を高くしていられるようにして 
    あげる事に尽力します。

     

    自分の立場を良くしてくれる部下を、好ましく思わないボスはいないので、例えプライベートでは、全く付き合わない相手でも気にならない、かわいい部下でいられるのです。

     

    プライベートでの交流はほとんどないけれど、仕事ではあなたを頼りにしてくれている、仕事のできるやつだと思ってくれている。

     

    これがあれば、盤石です。

     

    現在の上司との関係を一度振り返ってみてください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

    この記事の筆者

    鈴木美加子
    グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

    日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

    株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

    英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

     

    合わせて読みたい

    ---