グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

外資系で必要なスキル8 - 人間関係に捕われすぎない2014.08.19

    皆さんには、今、仕事の悩みがありますか?


    それはどんな内容でしょうか?


    仕事がつまらない、待遇に不満があるなど、悩みはつきものです。


    元・人事本部長としては、職場の悩みの筆頭は、「人間関係」だと思っています。


    いろんな価値観を持ち、性格も違い、多様な人が働いているということを、ついつい忘れて、「あの人がどうのこうの」と悩んでしまいます。


    かく言う私も振り返ると、表面上は衝突しなかったものの、心の中で人間関係がらみで、うじうじ悩んでいたことが結構あります。


    実は、書き出してみたんです。


    暇だって驚かれそうですが、先週は天下無敵のお盆ウィークでしたからね。


    例えば、「直属の上司でもないのに、口をいちいち挟まれてうんざりした人事部のNO.2」とか、「英語ができるという理由で、本社が間違えて採用してしまった、日本人であることを忘れた帰国大人 の日本人部下」とか。


    そしたら、驚いたことに97%が、18ヶ月以内に解決してました。


    これは、外資の強みだなと思った次第です。


    相手が、転職する、昇格・配置替えなどで直接関わらなくなったり、


    自分が、全く同じ理由で見える景色が違う場所に移ることになったり、


    同じ人間関係は、18ヶ月も続かないってことです!


    もっと早く、この書き出しをやってみれば良かったです(笑)


    長いキャリア、18ヶ月くらいは、なんとか我慢できますものね。


    今、上司・同僚・部下のことで悩んでいたら、その悩みはスタートして、MAX18ヶ月しか続かない。


    そう、思ってみたらどうでしょうか?


    少し、気が楽になりませんか?


    人間関係で悩んでいる時に、注意すべき点も二つ挙げておきますね。


    ひとつは、人間関係に気を取られて、やるべき仕事がおろそかにならないよう、「業績」に目を向けること。


    そうしないと、人間関係に手も足も取られて仕事の質が落ちて、仕事をしている意味を失います。


    ふたつめは、残念ですが、職場は利害関係で成り立っている場なので、うっかり相手を間違えて相談しないこと。


    元々性善説な私は、若いころ何回か相談相手を間違えて、話が上の方に伝わってしまい、まずいことになった経験があります。


    人に話すと違う視点からのアドバイスももらえて、新鮮ですし、精神衛生上も溜め込むよりずっと良いと思いますが、職場で相談を持ちかけるときは、相手をくれぐれも選んでください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

    この記事の筆者

    鈴木美加子
    グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

    日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

    株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

    英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

     

    合わせて読みたい

    ---