グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

無料キャリア相談  ーその他転職関連ー

Q「年齢のせいか、書類選考を通過しません。

40代| 男性 | 電子・半導体 | 電機(電気/電子/半導体) - 生産技術

外資系半導体メーカでカスタマーQAをしておりましたが、不況で昨年2月早期退職しました。現在も再就職活動中ですが求人案件が非常に少ない状況です。希望のカスタマーQA職に再就職することを諦めつつあります。現在48歳で年齢を理由に、書類審査で落とされることが多いです。3社程面接まで行きましたが内定には至りませんでした。派遣の仕事を探した方がいいでしょうか?良きアドバイスをお願いします。

Aお答えします

この時期、職種によっては、かなり多くの転職希望者が市場におり、思いのほか熾烈な競争状態になっている業界がいくつかあります。半導体のように浮き沈みが大きい業界のエンジニア職はその一つです。残念ですが、1 年以上ご縁に恵まれず、おりしも未曽有の不況の回復の兆しが見えない中、年齢も 48 歳となれば、景気の回復に伴う半導体メーカーの業績回復を待っている時間がないのだと思います。

 

就労の機会が派遣という形で見出せるようであれば、それにもできるだけ早く挑戦されてみることをお勧めします。

 

ご自身の希望条件の見直しも含め、この時期は耐えしのぐことが必要かもしれず、またいずれ景気回復の際には、新たな機会に挑戦されてもよいのではないかと思います。応援しています。

不況の影響、年齢からくるハンデでかなり苦戦しているのかと思われます。数ヶ月でもお仕事が決まらないというのは辛いですよね。私も経験があるので分かります。

 

良きアドバイスとしては、とにかく諦めずに活動し続けること、が大前提になります。 昨年 2 月ですと 1 年以上経っていますので、その場合は「何か副業でもいいので転職活動と仕事を平行する」のが良いと思います。

 

諦めて活動停止してしまわないように、日々、もしくは週数回でも片足で別の仕事をしていると、それが原動力になり転職活動にも自信が湧いてくることがあります。実際、そうして 1 年後、 2 年後に希望の職種へ転職された方を何人も見ています。

 

この時期はご自身のみならず、皆さん苦戦しています。 是非、止まらずに前に進み続けてください、応援しています。

希望職への再就職を諦めないでください。派遣など短期契約の形で働きながら希望職の情報を集めタイミングを待ってはいかがでしょうか。

 

採用は多くの企業がまだ慎重な姿勢を取っているようですが、半導体業界をはじめ景気回復の兆しは出てきていると思います。短期の仕事をしながら引き続きご自身の業界内のネットワークを活かして密に情報交換を行なったり、転職サイトなどを利用して情報収集をして、チャンスが訪れるのをもう少し待たれてはいかがでしょうか。

 

また、残念ながら内定まで至らなかった企業ともそのうち新しい募集を行う可能性がありますので継続的に連絡を取ることをお勧めします。

 

ご希望の募集案件が出るまで待つことはとても辛く、心理的な余裕がなくなることも多いと思います。大変とは思いますが、バランスを取りながら頑張ってください。応援しています。

無料キャリア相談一覧へ


Daijob.comで外資系・グローバル転職を実現させましょう!