グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

無料キャリア相談  ーライフスタイルとキャリアー

Qワーキングママの転職は難しいでしょうか ?

30代| 女性 | 外資企業 | 商社・卸 |財務/会計 - 経理

4 歳児のママです。韓国系の商社で正社員で一人経理を 7 年間やってきました。幅広く(総務も多い)やってはいるのですが専門的には浅い感じがして自信が湧きません。今後のキャリアを考えてもっと経理・財務の専門分野で経験を積んでいきたいと思い、今、外資企業を対象に転職活動中です。そこで TOEIC は 640 点で、小さい子供がいる私にとって転職は難しいでしょうか。それとも少なくとも英語をスキルアップしてから転職した方がいいですか。アドバイスの方、宜しくお願いします。

Aお答えします

小さいお子さんがいらっしゃるということですが、たとえば保育所等の迎えがあるため、5時まで勤務、6時まで勤務という制約があることになりますと、なかなか正社員のお仕事を探されるのは、このご時世の転職市場の状況を考慮する限り、困難が伴うかもしれません。

 

たとえばご親族の方との同居等をされており、お子さんを柔軟な時間帯で預けられるようであれば、 正社員のお仕事も探しやすいと思います。お子さんが小さいうちは派遣で働くという選択肢を取り、時間的な余裕があれば、在宅で、財務・経理関連の資格取得の勉強をすすめて、スキルアップされるのもいいでしょう。

 

今後のキャリアを考慮して、よりご自身の専門性を高めることをご希望されている以上 小規模企業で、広く財務・経理業務にかかわれるような職場環境が望ましいように思います。

 

外資系企業は一つの選択肢かと思います。英語力に関しては、外資でも英語力を求める ケースとそうでもないケースがあります。求められない企業に転職し、入社後にどちらにしても、英語コミュニケーション力を磨かれてもいいかもしれません。英語力は、今後とも問われると思いますので、これを機会に本格的に始められますことをお勧めします。

ワーキングママということで、お子様を育てながら仕事もこなすとはそれだけでも立派ですね。

 

7 年間も経理をやってきて「専門的に浅い感じがして、、、」とのこと今後を考えて自分のキャリアに不安を感じているのでしょうか。 その先に外資系企業への転職を考えているようですが、私からは 2 点提案です。 1点目は、語学よりも経験なので、まずは現職での経理経験を自信もてるまで引き伸ばす。日々の仕事を取りにいく姿勢、自己申告などで異動、昇進試験などなど。現職にて経理分野の仕事を積極的に経験していけば、それだけで自身の市場価値は高まります。

 

2 点目は、どうしても外資に転職したいのであれば、TOEIC800クラス、BATIC、USCPAなどを目指してからでもいいと思います。現状、求人案件がそれほど多い時期でもないので、この時期にしっかりと実力をつけておくことは、これも今後の市場価値を高めることになります。

 

日々、お仕事と家庭の両立が大変かもしれませんが、お子さんのためにもどちらかに偏るのではなく、無理の無い程度に両立してがんばってくださいね。

転職まで言わずとも仕事と育児両立でもワーキングママは十分大変ですよね。いかにワーキングパパに家事や育児の負担を振っていくかが課題になるでしょうか(笑)。

 

ワーキングママの転職が難しいかどうかはまずサポート体制を整えられているかだと思います。ご主人様のご協力、他のご家族のご協力、ファミリサポートのような公的サポートやベビーシッターなどのサポート体制はいかがですか?こういったサポートにより勤務時間とある程度の残業をカバーできるのであれば、子供がいることを自らマイナス要素と考えなくてよいと思います。

 

日本のワーキングママに対する社会的理解やサポートは以前より大分進んでいます。外資系だけでなく、ダイバーシティーやワーク・ライフ・バランスに取り組む日系企業も増え、男性が「今日は子守ですので定時に帰りますね。」と言える職場もたくさん増えているようです。とはいえ、まだまだ遅れている企業もありますので選択幅は多少狭くなるかもしれませんが、ワーク・ライフ・バランスを取れる企業に絞って活動されてはいかがでしょうか。

 

英語に関してはTOEICのスコアより、英語で何ができるのかがポイントだと思います。もし現在の職場で英語を使って韓国本社とコミュニケーションをしていれば、テストのスコアより実務経験を強調した方がいいと思います。外資系企業の経理でも英語を殆ど使わないポジションもあれば、密に英語でコミュニケーションを取るポジションもありますので、自分のレベルにあったポジションは見つかると思います。

 

7 年間も一人でマルチ・タスクをされた経験は素晴らしいものですし、経理の需要もいつも高いのでそれほどの心配はないと思います。転職というのはいかに外の情報を集めるかがポイントですので、仕事をしながら転職活動をする人の場合、平均で 3 カ月はかかります。仕事、育児、転職、3 つの仕事を同時にする場合は焦らずじっくり取り組んでいただきたいと思います。

無料キャリア相談一覧へ


Daijob.comで外資系・グローバル転職を実現させましょう!