グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

鈴木美加子のグローバル人材塾

5/29(水)特別無料セミナー 「英文履歴書の書き方」を開催します2019.05.14

 

元・外資系人事部長、10,000人を面接したグローバル・キャリア・カウンセラーの鈴木美加子です。新刊『やっぱり外資系!がいい人の必勝転職A to Z』が、「ダイヤモンド・オンライン」などのメディアに取り上げられ、お蔭様で好調です。 

そこで、発売を記念し、Daijob.comを運営するヒューマングローバルタレント株式会社との特別企画として、無料セミナー「英文履歴書の書き方」を開催します。ぜひ、奮ってご応募ください。

 

日時 : 2019年5月29日(水)19:00 – 20:00(開場 : 18:45)

場所:ヒューマングローバルタレント株式会社
         東京都港区赤坂1丁目7番1号 赤坂榎坂ビル5F(MAP

定員:定員:10名(応募者多数の場合は抽選となります)

費用:無料

 

内容:実際に英文履歴書を10万通スクリーニングしてきた人事の視点からの注意ポイントの解説、英文履歴書を持参された方には具体的なアドバイスも行います。

 

申し込み方法 : 下記応募フォームからお申込みください。
※応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。当日ご参加いただける方のみ、5月28日(火)までに担当者よりご連絡いたします。

 


外資系企業へ提出する英文履歴書には、ある程度「型」があり、それを踏まえたレイアウトにすると、採用担当が読みやすい書類になります。セミナーでは、その「型」について、理由を交えて説明させていただきます。

 

また、一度作成すると全ての企業に同じ英文履歴書を出される方が多いですが、書類審査を通りやすくするためには、それぞれの求人内容に合わせて微調整することが重要です。

 

例えば、あなたがマーケティング部門勤務だとします。これまでの経歴では、B to B、企業相手の仕事をしてきました。応募したい企業に、とても魅力的なマーケティングの求人ポジションがあるのですが、その企業のメインは、B to C、個人消費者向けの仕事です。英文履歴書をそのまま提出すると、「この候補者、B to Cの経験がない」と、あっさり落ちてしまうかもしれません。

 

こういう状態ですべき工夫は、

a) B to Cの仕事を全くしてこなかったかどうか振り返り、小さな仕事でもしたことがある場合はそれを履歴書に必ず足す

b) 個人として、SNS(Facebook, Twitter, Instagramなど)で、大勢の「個人」相手に発信しているのであれば、それをなんとかこじつけて書く

です。

 

求人の内容をよく読んで、求められている資質・経験を自分が持っていると見せ、なんとか面接までたどり着いて、自分をアピールできるようにすることが重要なのです。

 

セミナー終了後、ヒューマングローバルタレント株式会社のキャリアカウンセラーとお話する機会も設けますので、これから転職を考えている方、活動をスタートさせたばかりの方にピッタリのイベントかと思います。

 

転職活動を成功させるきっかけになれば幸いです。

『やっぱり外資系!がいい人の 必勝 転職 A to Z』

好評発売中! 
鈴木美加子 著『やっぱり外資系!がいい人の 必勝 転職 A to Z

外資系に転職して活躍できる人、向いていない人、その違いとは――。

人事のプロとして25年間に累計1万人を面接・面談した著者だからこそ知り得る、経験と実績にもとづく“成功する"転職ハウツーを明かす。

Amazon販売ページはこちらから

https://www.amazon.co.jp/dp/441323121X/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

鈴木美加子
グローバル・キャリア・カウンセラー /(株)AT Globe 代表取締役

日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガン・スタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でもないが、TOEIC960点をマークし外資系企業でキャリアアップした経験を元に、個人のキャリアアップを支援している。2011年から18か月、オーストラリアに居住し、海外勤務・海外からの帰国希望者のキャリア相談にも乗ることができる。
個人向けのキャリア相談の他、企業向けに、リーダーシップ研修、チームビルディング、組織分析、異文化マネジメント、グローバルコミュニケーション研修を行っている。ルミナスパーク、ルミナリーダー公認講師、ホフステード異文化モデル公認講師、STAR面接法・認定講師

株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

強みを最大限に活かし、個の力を発揮出来る人材を一人でも増やすことで、母国を元気にすることをミッションとする。ルミナというアセスメント・ツールを使い、個人・法人向けの人材育成事業を行う。

 

合わせて読みたい

---