グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

グローバル人材に必要なマインドセット理解していますか?2015.10.13

 

元・外資系人事部長、現グローバル人材プロデューサーの鈴木美加子です。

 

先週、3本の企業研修を行い「文化の差」についてつくづく感じたことをブログにまとめたいと思います。

 

3本の研修の最初は、日系・大企業に入社した、日本語が話せない外国人向け、入社オリエンテーション。日系2世が二人いました。

 

ふたつめは外資系でのグローバル研修です。参加者は主に日本人ですが、一人、イギリスで育ったハーフでかなり日本語が話せる人もいます。

 

みっつめ、外資系で今年4月に入社した新卒向けの配置前研修。一人、日本語レベルがまだまだのフランス人がいます。

 

一言で言うと、ある人の態度・行動を決めるのは人種ではなく、「どの文化」で育ったか、その一点に尽きますね。

 

3つの研修を通して「アサーティブネス」について感じたことは、

 

1. 間違えることが気になる日本人 vs   ならない外国人

 演習をやっているときの声の大きさが全然違いました。

 日本人、もしくは日本人化しようとしている外国人、ひそひそのエクササイズ。

 他のペアに聞かれたくない、私に聞かれたくない。まだディスカッションしている最中で、結論じゃないからでしょうか??

 外国人新卒軍団、うるさい(笑)

 他のペアに筒抜けだと思うし、私にも聞こえますが全く気にならないのでしょう。

 

2.  質問しない日本人 vs  ダイレクトに聞く外国人

 質問ありますか?と聞いても、まぁないのが日本人でしょうね(笑)

 ハーフのイギリス人は、わりと積極的に質問しますが、言葉遣い・態度がものすごく丁寧で、「この人、マインドは日本人なんだ」と毎週感じます。フランス人は日本語にかなりハンディがありますが、質問はするんです。

 

そして、「日本語がわかりにくくてすみません」と決して言いません。

日本人がこのくらいの英語だったら、「私の英語わかりにくくてすみません」とまず出てしまうだろうと思います。

 

質問ありますか?と聞いてないのに、私が話終わった途端に、「ちょっと聞いてもいいですか?」と、ダイレクトにどんどん聞くのが外国人。

 このコントラストに、文化の差を強烈に感じました。

 

「ロジカル思考」について感じたことは、

 

長くてわかりにくい日本人 vs 端的でどんな場合もロジカルな外国人

 

日本人の全員がではないのですが、込み入ったことを説明する時に、同じようなことをぐるぐる話していたり、ロジカルでなくてわかりにくい方、結構います。

 英語を話す外国人、例外なくロジカルです。(もちろん、ロジカルでない外国人もいると思いますが、イコール地頭がよくないのだと思うので、最大手の日本企業が採用するわけないですね。)

 

日本語にハンディある、イギリス人ハーフ、フランス人、ロジカルです!

 ときどき、日本語の使い方や単語に困ったりするけれど、聞いていると論旨はロジカルなんです。

 彼らの母国語である英語・フランス語がそれぞれにロジカルだからだろうと思います。

 

「レディファースト」について目の当たりにしたことは、

 

母国でレディファースト当たり前な場合、もう習慣になっているので「しない」ができないですね。

 

外資で、日本人女性がイギリス人ハーフに入室するとき、先に彼が入れるように譲ろうとしたのですが、彼の顔に「え?」が現れ、足が前に出ませんでした。

 彼の中では、レディファーストをするのが当たり前で、しなくていい国で突然反対のことを求められても、体が動かない様子でした。

 習慣の恐ろしさを目の当たりにして、あの瞬間をビデオに収めたかったとつくづく思った私です。

 

グローバル人材を目指すなら、以下のことは常識です。

 

  •  ⇒  アサーティブになる・自分を主張する

 

  •  ⇒  英語で話す・書くときは、必ずロジカルかどうかを意識する

 

  •  ⇒  レディファーストをする・される

 

グローバル人材の定義、どうすればなれるかおわかりですか?

 

TOEIC700点を越えた人材を、英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材に育成する世人(せじん)塾、エッセンスを2時間に凝縮したオープン・セミナーを開催します。

 

グローバル人材になるための必須スキルを習得「世人塾」オープンセミナー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

鈴木美加子
グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

 

合わせて読みたい

---