グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

グローバル人材の必須スキルとは?2014.02.25

    帰国してから、グローバル人材育成のための塾をやりたいという想いが強くなりました。

    まずは、グローバル人材に必要なスキルは何かの、リストアップを始めました。

    最初のリストには、

    Presentation

    Assertiveness

    Negotiation 

    が、並びました。

    発表・主張・交渉できるグローバル人材! ゴロもいいし、ご満悦でしたが、このリストは少し違うと判明する出来事が。

    ある企業のグローバル人材育成プロジェクトに、少し関わらせて頂き、海外の現地法人の様々な階層の方とインタビューをさせて頂きました。

    交渉力(Negotiation)を挙げるのは、マネジャー以上、ある程度、上の役職にいらっしゃる方々です。

    代わって、階層に関わりなく多くの方が必要とおっしゃったのが、Logical Thinking。

    確かに、日本人が日本語を直訳したような英語で話し、何が言いたいのかわからない場面に何度も遭遇しました。日本語は非論理的な言語ですし、あいまいでも通じるのですが、英語は論理的でないと通じない言語なので、ロジカルに考えられるかどうかは重要です。

    もうひとつ挙ったのが、多様性を受け入れる力です。

    私は多様であることが当たり前の外資系企業にずっといたので、当たり前だと思ってしまっていました。確かに、性別・年齢・人種・肌の色・宗教・環境・思想の違いを受容できるかどうかは、グローバルに通用する人材になれるかどうかの大きな鍵になります。グローバル人材の絶対条件のひとつです。

    その後も、すでにグローバル人材である友人達に聞き回り、自分の経験と照らし合わせて、最終的に固まったのが、以下のリストです。

    Acceptance of Diversity

    Assertiveness

    Logical Thinking

    Presentation

    多様性を受け入れ、ロジカルに発表・主張できてこそ、グローバル人材!  が結論です。

    定義が固まれば、あとは方法論。

    こうして、世人塾(世界で活躍する人材を育成する塾)が誕生することになります。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

    この記事の筆者

    鈴木美加子
    グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

    日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

    株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

    英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

     

    合わせて読みたい

    ---