グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

日本の国力、やっぱり落ちている2014.02.12

    年末年始を、第二の故郷とも言えるオーストラリアのメルボルンで過ごしていました。 

    今回、ベトナム経由で往復したのですが、日本への帰国の途上、飛行場・飛行機の中で、ガックリしたことが… 

    まずは、メルボルン国際空港のラウンジですが、たくさん並ぶ英語雑誌の中に1册だけ、英語でないものがありました。好奇心で手に取ったら、中国版GQでした。 

    2011年度のオーストラリアの貿易相手国リストは、下記のようになります。 

    輸出国   輸入国 
    中国     中国 
    日本   アメリカ合衆国 
    韓国     日本 

    取り扱い量で、中国がダントツなので、別格の扱いでも仕方ないのかもしれません。20年前、海外ウエディング先としてオーストラリアの人気が高かった頃なら、間違いなく、日本語の雑誌も並んでいただろうと思うと、国力の低下を感じました。 

    お次は、オーストラリアからベトナム・ホーチミン市へのフライトの中。機内誌は異文化情報の宝庫なので、ぱらぱらめくるのが習慣なのですが、海外企業で広告を出しているのは、SAMSUNGだけ。音楽の欄は、韓国のPOP歌手がずらりと並び、ベトナム進出に日本が出遅れているのがひとめでわかってしまいました。 

    国内市場が飽和した今、海外とうまく付き合って行く必要があると思うのですが、なかなか思うように進まないのが現実でしょうか? 

    障害の一つは、英語力を含む異文化コミュニケーション・スキルかもしれません。 

    2012年39カ国のTOEICの平均点数は、 

    中国 747点、韓国628点、日本512点 と、日本は500人以上受験者がいた国39カ国中、なんと下から数えて7番め..。 

    中学・高校、人によっては大学と8年間も英語漬けでたくさんの単語と文法を学んだことを思うと、残念な結果です。自分の中に貯めた英語を外に能動的に出す訓練が必要ですね。帰国子女でなくても、やる気さえあれば、英語力は必ず伸びるので、諦めないでください。 

    TOEIC600点くらいになったら、ロジカルに主張・発表できるグローバル人材を目指せると思います。英語力さえあれば、外国人と対等に仕事が出来るかというとそうではありませんが、ちょっとしたコツ、発想の転換が出来れば大丈夫です。 

    2月13日(木)、21日(金)、28日(金)の夜、2時間、グローバル人材のための必須・コミュニケーション・スキル講座を開催します。短時間で、エッセンスを学びたい方、ぜひご参加ください。 

    詳細はこちら↓↓

    http://exwill.jp/lp/globalbridges/index.html

    英語がある程度出来て、外国人と互角に渡り合えるようになれば、皆さんのキャリアの可能性は、グンと広がると思います。そのプロセスをお手伝い出来たら、日本のグローバル人材が一人でも増えたらと心から願い、今日も頑張ります。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

    この記事の筆者

    鈴木美加子
    グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

    日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

    株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

    英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

     

    合わせて読みたい

    ---