グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

ネイティブが教える!成功するビジネス英語

ビジネス英語テクニック 仕事について尋ねる方法2015.01.27

ビジネスの場で初めて人と会うとき、その人の社内での仕事や役割について出来る限り多くを知ることは素晴らしい心がけです。話し掛けている人が誰かを知っ て言葉を変え、適切な敬意を払い、失礼な行動や誤解を避ける必要があります。このブログでは、どのように正確に仕事について尋ねるかに着目しようと思いま す。

 

When meeting someone for the first time in business, it is always a good idea to find out as much as you can about someone’s job and role within their company. We need to make sure that we know who we are talking to and adjust our language to ensure we are paying proper respect and to avoid any insult or misunderstanding. In this blog, I’d like to look at how we can ask someone about their job correctly.

 

最初に人と会う場合や誰か他の人を紹介された場合、どんな仕事をされているのか明確にすることは会話をさらに進める前にすべき最も重要なことの一つです。ある人の社内での立場や役割について知るためには、下記の質問が使えます。 

 

When we first meet someone or are introduced by someone else, establishing what they do for a living is one of the most important things to do before the conversation goes any further. We can use the following questions to find out what someone’s position or role in their company is:

 

What is your job?

あなたの仕事は何ですか?

What is your position?

あなたの(会社内での)立場は何ですか?

What do you do?

職業は何ですか?

*What line of work are you in?

どんな仕事をされているのですか?

*What industry are you in?

どんな業界にいらっしゃるのですか?

 

*これらの質問はより丁寧であると考えられていますが、社内でのあいての役割に関する曖昧な答えに終わってしまうかもしれません。「What do you do?」もまた仕事について尋ねるより一般的な方法の一つと考えられています。

 

*These questions can be considered to be more polite but may result in a non-specific answer about the person’s role within the company. ‘What do you do?’ is also considered to be one of the more common ways to ask people about their job.

 

 

 

どの会社で働いているのか知るために、以下の質問のうち一つを使って尋ねることが出来ます

 

To find out what company someone works for we can ask one of the following questions:

 

What company are you working for?

どちらにお勤めですか?

Who do you work for?

お勤めはどちらでしょうか?

And you work as a (job title) for...?

...で(職名)として働かれているのですね?

 

相手の仕事が何であるのかをはっきりさせ名刺を交換した時点で、詳しい仕事や職務について尋ねることが出来ます。

 

Once we have established what the person’s job is and name cards have been exchanged, we can ask about their specific tasks or responsibilities:

 

What are your responsibilities?

どのような職務がおありのですか?

What are you in charge of?

何を担当されているのですか?

What does your job entail?

お仕事はどのような内容ですか?

What do you do every day?

毎日どういうお仕事をされているのですか?

What does a (job title) do exactly?

(職名)とは厳密にはどういったことをされるのですか?

 

「responsible for something」と「in charge of something」とはほぼ同じ意味であり、ほとんどの場合ネイティブスピーカーは区別しないで使用しています。しかしながら、微妙な違いは、 「responsible for something」は仕事に対する責任の重大さを意味しており、「in charge of something」はより一般的な仕事を指します。

 

Being ‘responsible for something’ and being ‘in charge of something’ have almost the same meaning and are generally used interchangeably by native speakers, however the subtle difference is that being ‘responsible for’ something suggests a higher level of accountability for that task, whereas being ‘in charge of something’ could be for more general work.

 

相手が勤めている会社に関してもっと情報を得たい場合は、下記の質問例の一つを使うことが出来ます。

 

If you would like to get more information about the company for which the other person works, we can use some of the example questions below:

 

Where is your company based?

御社はどちらを拠点にされているのですか?

Do you have any branches in (the U.S.)?

(アメリカ)に支店はありますか?

What is your company’s main product or service?

御社の主要製品や主要サービスは何ですか?

What do you specialise in?

あなたのご専門は何ですか?

How long have you been working here / there?

入社されてからどれくらいになりますか?

 

もちろん、あなたの発言だけが考えるべきことではありません。相手の会社や立場について尋ねる場合、ボディーランゲージや相手の発言に対する配慮もまた会 話では重要な役割を担います。話し手の目を見続け、「なるほど」「それはとても興味深いですね」といったフレーズを使いながら相槌を打ち興味を示してくだ さい。あるいはびっくりした口調や興味がある口調で話し手の言っていることを反復してください。会話を続けたり話し手からもっと情報を得るための優れたテ クニックは、関連の質問や追加の質問もすることです。

 

Of course, what you say is not the only thing to consider when asking someone about their company and position; body language and attentiveness to what the other person has to say also play an important role in the conversation. Maintain eye contact with the speaker, nod and show interest by using phrases such as ‘I see’, ‘that’s very interesting’, or mirror what the speaker says with a tone of surprise or intrigue. A good technique is to also ask follow up or extension questions to keep the conversation going and to get more information from the speaker:

 

A: I’m working as an airline pilot for ABA airline.

A:私はABA航空会社で航空機パイロットとして働いています。

B: An airline pilot? That’s very interesting. How long have you been working there?

B:航空機パイロットですか?それはとても興味深いですね。入社されてからどれくらいになりますか?

A: About six years in February …

A:2月で約6年です・・・

 

大きい公共イベントにいる場合は、時々話し掛けている人の仕事が何だか忘れることがあるかもしれせん。そこで無礼と思われたり、気まずい状況になったりしないように再度尋ねる必要があります。

 

When you are at a large public event, you may sometimes forget what the job of the person you are speaking to is so you need to be able to ask them again without appearing impolite or creating an awkward situation:

 

 

I’m sorry, what do you do again?

すみません、職業は何でしたでしょうか?

Excuse me, but what line of work did you say you were in again?

失礼ですが、どんな仕事をされているとおっしゃいましたでしょうか?

So, you mentioned that you are working for …?

ところで、・・・で働かれているとおっしゃいましたか?

Forgive me, but who do you work for again?

失礼ですが、お勤めはどちらでしたでしょうか?

 

それでは、これらのフレーズの活用例として見本の会話を見てみましょう。

タロウとサイモンは国際会議で初めて会っています。

 

Now let’s look at a sample conversation to see these phrases in action. Taro and Simon are meeting for the first time at an international conference:


Taro: So, what line of work are you in, Simon?

タロウ:ところで、サイモンさんはどんな仕事をされているのですか?

Simon: I’m in manufacturing. I work for an automobile company called Ferris based in Glasgow in Scotland.

サイモン:私は製造業の仕事をしています。スコットランドのグラスゴーを拠点するFerrisという自動車会社で働いています。

Taro: Scotland? That’s very interesting. And what is your position there?

タロウ:スコットランドですか?それはとても興味深いですね。社内ではどのような立場にいらっしゃるのですか?

Simon: I’m the regional sales manager for North Europe.

サイモン:北欧地域の販売部長をしています。

Taro: I see. So, what are your responsibilities?

タロウ:そうですか。どのような職務がおありなのですか?

Simon: Well, I am in charge of a team of 12 salespeople who sell our cars to Swedish and Finnish car dealerships. Recently, I have been in charge of a project to break into the Danish market and increase our market share there.

サイモン:そうですね、私はスウェーデンとフィンランドの販売代理店に私たちの自動車を販売する12人の販売員チームを管理しています。最近では、デンマーク市場に参入しマーケットシェアを拡大するプロジェクトを担当しています。

Taro: That’s great. Do you have any branches in Japan?

タロウ:それはすごいですね。日本には支店がありますか?

Simon: Not at the moment, but …   

サイモン:今はありませんが・・・

 

次のブログでは、名前と詳細な連絡先を伝える方法について考えようと思います。


In my next blog, I will be looking at how to give your name and contact details to someone.  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の筆者

Noel Bradshaw
ロゼッタストーンラーニングセンター COO

Noel Bradshawは、経営コンサルティング会社アクセンチュアのロンドン支店にて経営コンサルタントとしてのキャリアを積んだ後、2年間JETプログラムに参加。現在はロゼッタストーンラーニングセンターでCOOに就任し、運営全般の指揮を執る。

Noel Bradshaw is the COO of Rosetta Stone Learning Center and started his career at management consulting firm Accenture. He came to Japan with the JET programme before joining Rosetta Stone and has been with the company for 8 years.

ロゼッタストーン・ラーニングセンターは、世界No.1のロゼッタストーンの言語学習ソフトウェアとスクールでの完全マンツーマンレッスンを組み合わせた、効果的な新しい学習方法を提供しているスクールです。外資系・グローバル企業へ転職のキャリアアップをサポートします。


http://mydma.com/


If you want to make real progress with your language skills, then Rosetta Stone Learning Center is for you. Rosetta Stone Learning Center integrates the World's number 1 language learning software Rosetta Stone(R) together with high quality one-to-one in-school lessons to accelerate students towards their language goals. RSLC has 8 school locations in Tokyo and Osaka, easy lesson-scheduling, online 24/7 access to self-study resources and a variety of study options that makes it an ideal, flexible option for busy people. Let Rosetta Stone Learning Center support you through your next career move.

合わせて読みたい

---