グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

有元美津世のGet Global!

民主主義を考えよう(4)強権・全体主義がお好き?2020.12.01


 連日「過去最大のコロナ感染者数」と、またメディアが嬉々として報道していますね。米大統領選という大エンタメ・イベントが終わったところに、まさに渡りに船。
 今年3月に、ヨーロッパ各国でロックダウン、アメリカの多くの州で外出禁止令が出た際(アメリカは連邦政府でなく州や郡ごとに規制)、「日本もロックダウンすべきだ」という声が高まり、6月のNHKの世論調査では、「政府が外出禁止や営業停止を強制できるよう法律を改正すべき」と答えた人が6割を超えたとか。(ロックダウンした多くの国で日本以上に感染拡大しているのに)。
 多くの日本人が“民主的”と崇める欧米の国々が、いとも簡単に国民の私権を制限したのを見て、国が強制力を持たない日本の方がずっと民主的だと私は思ったのですが。[i] こうした世論を見て、「戦争なんて簡単に始められる」と私は確信しました。「敵国が攻めて来る」と政府やメディアが恐怖を煽ればいいだけ。事実も証明(エビデンス)も不要。

自国の事実すら把握できていない人たち


 海外に縁のない人、自国や海外がどういった対策を行っているかを知らない人たちが「日本は水際対策が甘い」と言い、「日本も、入国後、自主隔離でなくPCR検査すればいいのに」とテレビで発言をする芸能人までいます。
 前回、書いたように(簡単に確認できる)事実も確認せずに、テレビで偉そうなことを言ったり、SNSで拡散したり、ということは、こういうことなんです。厚労省のウエブサイトを見れば、一瞬でわかるようなことです。少なくとも、社会に文句を言ったり、政府を批判する前に、簡単な事実くらいは把握すべきでしょう。

 日本では、今春から入国時に空港でコロナのPCR検査が義務付けられています。(外国人の場合、自国出国前の陰性証明も必要。)陽性の場合、もちろん病院などに強制隔離ですが、陰性であっても、空港から公共交通機関には乗れず、14日間自主隔離を求められています。[ii] 羽田や成田、関空から、家族に車で迎えに来てもらったり、ハイヤーを雇ったり(タクシーは不可)、レンタカーを借りて自宅や宿に行ける人はいいのですが、それができない人、東京や大阪近郊に住んでいない人は、空港の近くのホテルで14日間、自主隔離しなければなりません。だから、費用的にも時間的にも、もう何か月も、日本に帰国したくてもできない駐在員やその家族、留学生がいくらでもいるのです。

大半の国は検査か隔離かのどちらか一方--日本は両方


 さらに「自主隔離なんて甘い。他国のように強制隔離にしろ」という声もあります。ほとんどの国では、PCR検査で陰性(入国前の陰性証明か入国時に検査)であれば隔離は不要です。強制にしろ自主にしろ、入国後の隔離を義務付けている国は、一部のアジアの国を除き、PCR検査を義務付けていません。イギリスに至っては、パンデミック発生以降ずっと、入国制限はせず、自主隔離のみです。[iii] 陰性者にまで隔離を要し、公共交通機関の利用を禁じている日本は、世界的には厳しい方なのです
 ずっと国内にいて、PCR検査を受けたこともなく、陽性と知らずに電車に乗っている人なんていくらでもいるでしょう。それよりも、少なくとも空港の検査では陰性だった人の方が危ないと?(外国人に至っては、少なくとも入国までの4日の間に二度、陰性。)[iv
 そもそも、空港での検査の結果にかかわらず、強制隔離をするなら検査をする意味がありません。税金の無駄遣いです。オーストラリアのように、空港で検査をせずに、帰国者全員、強制隔離という方法もあります。
 日本国内で陰性になった人は行動を制限されていないのに、帰国者に限って「陰性の人も強制隔離をしろ」という人たちは、どういう法的根拠に基づいて、そう言うのでしょうか? 不法逮捕(違法な身柄拘束)と同じであり、強権の何ものでもありません。罹患を理由にハンセン病患者を隔離した国は、違憲訴訟に負けてるんですよ。コロナ検査陰性の人は羅患すらしていないのに強制隔離しろと?(国民の差別意識が80年前と変わっていない。)
 私は、日本をそういう国にしたいという人がいることが信じられませんが、今後、日本を担っていく皆さんが、日本を強権・全体主義的な国にしたいというのであれば、それもアリでしょう。ただ、一度失った自由は、簡単には返ってきませんよ。(中東欧をはじめ、多くの国が、どれだけ血を流して民主化を勝ち取ったか知ってる?)


[i]  オーストラリアは自国民の出国さえ禁止(アメリカなら違憲訴訟)。自国民を含めて入国できる人数も制限しているので、パンデミック発生後、未だに帰国できていないオーストラリア人が3万人以上もいる。現地で失業し、資金が底をついた海外在住者も。便が限られるので、航空運賃が高騰。

[ii]  14日間、毎日、厚労省からLINEや電話で健康アンケート。

[iii] それなのに、在英日本人(自称“ジャーナリスト”)が「陰性者の自主隔離という日本はヨーロッパに比べ甘い」という。イギリスでは、入国後、自主隔離をせずに観光しまくるアメリカ人観光客が問題に。イギリスは、日本を含めTravel Corridorの国からの入国は自主隔離さえ必要ではない。

[iv] 一度もPCR検査を受けたことのないアナタの方が、よっぽどヤバい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

有元美津世

大学卒業後、外資系企業勤務を経て渡米。MBA取得後、16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。社員採用の経験を基に経営者、採用者の視点で就活アドバイス。現在は投資家として、投資家希望者のメンタリングを通じ、資産形成、人生設計を視野に入れたキャリアアドバイスも提供。在米30年の後、東南アジアをノマド中。
著書に『英文履歴書の書き方Ver.3.0』『面接の英語』『プレゼンの英語』『ビジネスに対応 英語でソーシャルメディア』『英語でTwitter!』(ジャパンタイムズ)、『ロジカル・イングリッシュ』(ダイヤモンド)、『英語でもっとSNS!どんどん書き込む英語表現』(語研)など多数。

合わせて読みたい

---