Daijob.com is Japan's definitive job site for multilingual professionals.

Job Search

キービジュアル キービジュアル

Feature Article

国内大手NTTデータの子会社です!

Job海外プロジェクト

プロジェクト例


2011年以降からプロジェクトは海外中心にシフトしており、 参画したプロジェクトは、  イギリス・ブラジル・ベトナム・マレーシア・北米・インド・フィンランドと多数!

フィンランド プロジェクト


      
内容:SAPシステム導入  
勤務地:フィンランド  
期間:15ヵ月  


インディア GST プロジェクト



内容:
インドのGST適用対応  

勤務地:日本        


【ミーティング頻度】
■レギュラーミーティングについて  
チームミーティング 1回/週、又は、1回/月 
日本とUKでの電話又はビデオ会議    
※チームによって週次か月次かの違いがあります。

【SAPの運用領域】
現在、弊社のSAP運用領域は、SD,MM、PP,FI、COです。
また、ABAP(SAP開発言での改修・新規開発)及びBW。 
2015年からは日本板硝子グループ以外の案件にもチャレンジをしており、
現在ではNTTデータグループ各社と連携し、
7名の方が、日本板硝子グループ以外の導入プロジェクトに参画しています。

Benefits/EnvironmentSAPエンジニア募集中です!


応募受付中です!!!


/現在募集中のポジションはこちら\

⇓⇓⇓

 SAPエンジニア 


働く環境


 
▼社内イベントの様子


▼キックオフイベントの様子

キックオフイベント★  

年に一回社員交流会を行ったり、社内チャット導入やコミュニティサイトをオープンするなど

社員同士が積極的にコミュニケーションをとれるような環境を行っています。

ワークライフバランス
年休120日以上・育休・産休取得可能・残業は月20時間~30時間以内
(※プロジェクトにより変動あり)


充実した研修制度★  
SAPスキル取得のための外部研修や週に1度英語勉強会を設け、
英語力を高める事ができます!NTTデータグループだからこその環境の中で、
スキルアップやキャリアアップを全面的に支援します!

From Interviewer's Eyes在職者の声

職者の声


SAPエンジニア
青木 慧太

Q1.今の仕事内容教えてください
NSG(日本板硝子)社の業務基幹システムであるSAPの保守運用を行っています。その中でもFI/COモジュールを担うチームに所属し、主にCO(管理会計)モジュールの運用を担当しています。

Q2. SAP技術者としてのやりがいを教えてください。
SAPは業務基幹システムであることから、お客様の業務に深く関わることが出来ます。また、非常に大規模かつ複雑なシステムですので学ぶことが尽きず、日々技術力を向上させることが出来ます。

Q3. 所属部門についての雰囲気や働き方について教えてください。
オープンな雰囲気の職場です。
フリーアドレス制なので様々な方とコミュニケーションを取る機会があり、風通しが良いです。
また、残業が少なくフレックス制度も活用できますし、男性でも育児休暇を取られる方もいらっしゃることから、
ワークライフバランスの面でも優れていると感じます。

Q5. 一日のスケジュール
9:00 出社 メールの確認や1日のスケジュール立て、前日の夜間に動いているジョブの動作確認などをします。
10:00 ACR(システム改修案件)の対応 国外のお客様との要件定義が完了したため、次ステップの要件定義書の作成に取りかかります。
12:00 昼休憩 付近に飲食店が多いので、充実したランチタイムを過ごしています。
13:00 英語レッスン 週に1度、希望すれば専属の英語の先生から個別にレッスンを受けることが出来ます。
14:00 年次作業 国内のお客様向けにCOモジュールの年次運用作業を行います。
16:00 Remedy対応 国外のお客様向けの問い合わせ対応を行います。
18:00 退社 ほとんどの場合、18時には退社します。

Q6. 求職者の方へのメッセージを頂けますか?
SAP、英語のスキルを活かしてグローバルかつダイナミックな仕事をされたい方は、ぜひ応募してください!

 


SAPエンジニア

望月 貴代


Q1.今の仕事内容教えてください
NSG(日本板硝子)社が使用しているERPパッケージであるSAPの保守・運用行っています。その中でも、MMとSRM(在庫・購買管理)モジュールの運用しています。

Q2. SAP技術者としてのやりがいを教えてください。  
ユーザさんの業務を理解し、困っていることや実現したいことをシステムとして実現できた時にやりがいを感じます。またその中で日々新たな発見や学びがあることも自分にとっては大きなやりがいとなっています。NDBは、ユーザさんが世界各国にいるのでユーザ業務や商慣習、法的要件の理解が難しいことも多々ありますが、一緒に乗り越え喜んでもらえると素直に嬉しいです。

Q3. 所属部門についての雰囲気や働き方について教えてください。
明るい雰囲気です。フリーアドレス制なので、
色々なメンバと日々会話をすることが出来るので部署自体の雰囲気がいいと思います。  
男女比は半々くらいで、時短勤務で育児と仕事を両立している女性も多くいます。
私も育児で時短勤務中なので皆さんにご迷惑おかけすることも多いですが、
皆さんとても理解して下さっていて感謝ばかりです。基本的には残業も少なく土日出勤もほぼない部署なので、
プライベートも大事にできる環境だと思います。

Q4. 海外プロジェクトへの参画はありますか?どういったプロジェクトですか?
過去にメンバとして参加した海外PJは3つあります。
いずれも現地へ出張・長期滞在し、ヨーロッパやアメリカなどのメンバと協業しました。
①NSGさんが世界各国で使用しているシステムを日本に導入するPJに参加。
②上記①システムのアップグレードプロジェクトに参加。
③北米にSAPを導入するプロジェクトに参加。

Q5. 一日のスケジュール
09:00 出社
09:00-10:00 メール確認・スケジュール確認  
国内外からの問い合わせや仕様変更を対応するので、
優先順位を緊急度だけでなくユーザさんのロケーションも考慮して一日の仕事を計画しています。
10:00-12:00 問い合わせ・仕様変更対応   
海外の問い合わせや仕様変更は時差を利用し同時進行で複数対応します。
海外PJのサポートをしている時はこの時間帯で対応し、PJメンバが出勤した時に進捗があるよう努めています。
13:00-14:30 チームミーティング  
週一回の日本チームミーティングや、月一回UKマネージャーとミーティングを行っています。
14:30-16:00 問い合わせ・仕様変更対応  
日本のユーザさんからの問い合わせは午後が多いので、急な問合せに対応できるようにしています。
またアジアや東欧のユーザさんともリアルタイムで連絡を取れるので貴重な時間です。
16:00 退社

Q6. 求職者の方へのメッセージを頂けますか?  
色々な分野に挑戦しようとしているので必ずやりたいことを見つけられると思います。
また今後は技術的にも新たな挑戦がたくさんありますので、今後益々個々人にあった活躍の場があると思います。

Top Message株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・ビジネスブレインズについて

President Message

NTTデータビジネスブレインズは、
2003年に株式会社NTTデータ日本板硝子株式会社を株主として
新たなスタートを切りました。

当社は創業以来30年以上にわたり、日本板硝子株式会社(NSG社)及び、
NSGグループ各社の情報システムの構築及びサービスを提供しています。

NSG社の2007年からの経営グローバル化の中で、

当社は、同社のグローバル情報システムチームの一翼を担って、

世界3拠点24時間の運用サポート体制”Follow the Sun”や、
グローバル開発プロジェクトに参画しております。

これまでの業務で培ったノウハウと技術力を活かして、
すでに約2000社以上の導入実績がある電子帳票システム「Pandora-AX」や
WEBコンテンツ管理システム「とんがりクンCMS」、
また、NTTデータと連携したAMOサービス”TISAFYS”のご提供をはじめとし、
さまざまな業界のお客様の情報システム構築及び運用のご支援を行っております。












硝子ソリューション事業部
SAPグループ 課長:勝城 啓之









当社は親会社が2つあり、私たちはもともと日本硝板硝子株式会社(NSG社)の情報システムの子会社で
『日本板硝子ビジネスブレインズ』という名前でしたが、2003年にNTTデータも株主となり
『株式会社NTTデータビジネスブレインズ』という社名になりました。
2007年から板ガラス世界大手の『英ピルキントン社』をNSG社が買収したため、会社のグローバル化が急速に進みました。


業30年、会社組織のグローバル化を経て…


グローバル化によって、世界各国のお客様や社員と働けるのが、当社の大きな魅力になりました。
既に10年以上が経過しているため、グローバルのシステム運用も他社さんに比べて強いと自負しています。
新しく入社する方も、バイリンガルや海外経験のあるメンバーが徐々に増えていきました。
1つの会社にいながらグローバルと国内向け、どちらかを選べるような組織になっているので、入社後も社内転職のチャンスがあるようなイメージですね。
親会社の1つである日本板硝子の運用から派生したプロジェクトを行うのが基本にあり、NTTデータからの案件、さらにグループ会社との案件と事業を広げておりますので、多種多様な仕事に恵まれています。


外国籍メンバーも日本国籍メンバーも、変わりなく接することが重要だと思っています。
皆さんそれぞれの国の文化を持っているので、違うことに対して否定はしません。
私たちが違いを受け入れると、彼らにとっても働きやすい環境を作れます。
また一番大事にしているのは、“セーフティーファースト”であることです。
社員の家族に何かあれば家族を優先できますし、親会社からは日々安全な行動をとるように言われています。

富な入社後のチャンス


私たちの強みの1つはNTTデータグループに属していることです。
『NTTデータ ユニバーシティ』という研修機関で、一般的なヒューマンスキルアップを学ぶことができます。
技術的な面ではSAP社が開催している『SAP研修』に通ってもらい、人材に投資します。
また、当社の得意分野である“プロセス系製造業”というガラスの製造工程の業務知識は豊富なので、
そこのプロセスは弊社のビジネスラインリーダーという担当がメンバーに継続的に教えています。

求職者の就業イメージが入社後に行う業務と齟齬が起きないように、面接の前に必ず会社説明会を行っています。

複数のメンバーに対してだけではなく、1人に対してでも会社説明会は開いています。
その上で採用面接を受けたいのかどうか、意思確認をします。
『グローバルな仕事ができる』と思って入社しても、入社後すぐにお任せできるとかいうと、そうでもありません。
まずはしっかりと日本国内の業務を覚えていただきながら、海外の運用もこなしていく、その中でグローバルプロジェクトのチャンスが出てきた場合、志願いただく形です。英語レベルもそれなりに必要です。
もちろん日本国内のプロジェクトもありますし、またNSG社以外の国内案件も拡大しておりますので英語はまだまだこれからという方でもキャリアは積める形になっております

Check out these other companies!

This posting is managed by:

株式会社NTTデータビジネスブレインズ/NTT DATA BUSINESS BRAINS CORPORATION

Company Information

Feature Article

Job List

Hot Agent