グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

有元美津世のGet Global!

英語は7つの動詞でこんなに話せる(8)― Make2017.11.07


 Makeの基本の意味は「作る」ですが、さまざまな名詞と組み合わせて、表現を広げることができます。

 「食事などを作る」という意味では、日本語と同じような感覚でmake が使えます。

 I just made ramen. (今、ラーメンを作ったところ。)  

 ただし、飲物の場合、日本語では「入れる」になる場合もあります。

 Can you make some tea? (お茶、入れてくれる?)

 Makeは「作る」という意味で、形のあるものだけでなく、計画など抽象的なものにも使われます。

 I haven’t made any plants yet. (まだ計画は、何も立てていない。)

Make Money


 ”Make money”は直訳すると「お金を作る」ですが、日本語では「稼ぐ」といいますね。

 I’m not making much money. (あまり稼いでいない。)

 How much do you make an hour?  (時給はいくらもらってるの?)

 He made a fortune from real estate.(彼は不動産で財を成した。)

「~を作り出す」→「~になる、できる」


 これも直訳すると、物が主語で「AとBが~を作り出す」ということですが、日本語では「~になる、できる」という表現になることが多いです。

 Two and two make four. (2足す2は4。)

 Carbon and oxygen make carbon dioxide. (炭素と酸素で二酸化炭素ができる。)

Make It


 ”Make it”は「時間に間に合う」という意味で、日常的に使われます。

 Did you make it on time? (時間に間に合った?)

 I made it to the train on time. (電車に間に合った。)

 「決まった日時やイベントに行ける」という意味でも使われます。

 I can’t make it on Tuesday. (火曜は行けない。)

 

 Makeは、この他、make an appointment, make a decision, make a mistake など、さまざまな名詞とともに使われます。『英語は7つの動詞でこんなに話せる』で紹介していますので、ぜひ覚えてください。

 Makeは「使役動詞」としてもよく使われますが、後日、他の使役動詞とともにまとめて説明したいと思います。

「英語は7つの動詞でこんなに話せる」(ジャパンタイムズ)


新刊『英語は7つの動詞でこんなに話せる』プレゼントキャンペーン、たくさんのご応募ありがとうございました。

有元美津世著—ジャパンタイムズより新発売!

『英語は7つの動詞でこんなに話せる』

アメリカの話し言葉で、もっともよく使われる7動詞
be get do have make take go
を使ってネイティブスピーカーが日ごろ使う表現を500近く紹介。
音声CD付き+MP3音声ファイル ダウンロード可。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

有元美津世

大学卒業後、外資系企業勤務を経て渡米。MBA取得後、16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。社員採用の経験を基に経営者、採用者の視点で就活アドバイス。現在は投資家として、投資家希望者のメンタリングを通じ、資産形成、人生設計を視野に入れたキャリアアドバイスも提供。在米30年の後、東南アジアをノマド中。
著書に『英文履歴書の書き方Ver.3.0』『面接の英語』『プレゼンの英語』『ビジネスに対応 英語でソーシャルメディア』『英語でTwitter!』(ジャパンタイムズ)、『ロジカル・イングリッシュ』(ダイヤモンド)、『英語でもっとSNS!どんどん書き込む英語表現』(語研)など多数。

合わせて読みたい