グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

英語でのプレゼンテーション - 一番大事なのはリハーサル2015.04.07

 

 

最近、プレゼンテーションの研修が多く、ちょっと気になっていることを本日の記事にします。

 

外国語である英語でのプレゼンを、ぶっつけ本番でやっていませんか?

 

主宰しているグローバル人材育成塾の世人(せじん)塾では、毎回1分の英語スピーチを冒頭で行いビデオ録画します。

 

最初のころは、皆さんあなどって、リハーサル無しで参加するので、案の定、ボロボロの結果になります。

 

リハーサルしないとダメなんだと気がついたら、しめたもの。

 

結果がめきめきと良くなります。

 

私は、ここぞという大舞台でのプレゼンをリハーサルによって救われたことがあるので、その時の体験をシェアさせて頂きますね。

 

日本DHLで人事本部長をしていた時のこと、ドイツの本社から、G12と言われた、トップ12人が来日することになりました。

 

3人がプレゼンターに選ばれ、私は唯一の日本人としてプレゼンテーションをすることになりました。

 

英語でプレゼンをする時は、3回ほど、朝、立ってリハーサルするのが私の習慣ですが、その時は大舞台だったので5回行い万全で臨みました。

 

会議開始時刻の20分前に会場入りしようとして、あまりに張りつめた部屋の空気に耐えきれず、他の本部長と一緒に廊下で待っていたのを覚えています。

 

会議が始まり、プレゼンテーションがスタートしました。

 

私はトリでした。

 

それまで何でもなかったのに(プレゼン前、あがる習慣は私にはありません)、突然、左足の膝ががくがく震え出したのです。

 

びっくりしてパニクりそうでした。

 

プレゼンテーションの前にあがる癖がある人間ならともかく、全くそうでない私の膝が震えて止まらないのです。

 

テーブルの下で、何気なく膝を左手で押さえました。

 

止まるどころか、がくがくしているのが腕にまで伝わってきてしまいます。

 

まずい! こんな大事な場面で、「あがる」イコール「弱い」になるわけで、絶対隠さなければと思い、とにかく左手を離しました。

 

それでも、心ここにあらずで落ち着かないので、水を飲みました。

 

Volvicの500ml、今でもはっきり覚えています。

 

自分の番が来るまでに、全部飲んでしまいました(笑)

 

そして私の番。もう観念するしかありません。

 

いつものように”Let`s go Micky.  It`s show time.” (ミッキー、行くよ。 幕は上がった)と自分に言って、立ち上がったのです。

 

全員の前に立った途端、何故かいつもの自分に戻りました。

 

リハーサルは5回もしてあるのですから、あとはボタンを押してCDをかけるように話すだけ。

 

周囲の反応を見る余裕もあって、予定してなかったジョークも入れて笑わせました。

 

あの時を乗り越えられたのは、リハーサルしてあった以外の何ものでもありません。

 

それ以来、自分にとっての外国語である英語でプレゼンテーションをする前に、

リハーサルしなかったことは、ただの一度もありません。

 

母国語であれば、あがっても何とか言葉を繋げるかもしれませんが、しかし外国語となると、最悪の場合は頭が真っ白になってしまいますよ。(何回か目撃したことがあります。)

 

普段から、英語でのプレゼンテーションは、必ず事前にドライラン(リハーサル)する癖をつけましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

鈴木美加子
グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

 

合わせて読みたい

---