外資系・グローバル企業転職情報サイト。英語などの語学力を活かす、海外で働く。
Daijob.comはインターナショナルビジネスプロフェッショナルのための転職情報サイトです。

求人検索

キービジュアル キービジュアル
下記企業の求人掲載は終了しております。

注目ポイント

1. Self Introduction

I’m Scott Rosnick, from the USA.  I’m a middle-aged man with the hobbies of a man 10 years younger. I like movies and video games, and I especially like collecting music on CDs.  So, maybe not “10 years younger” so much as “10 years ago.”

2. Why did you decide to join Yokohama Hayato Junior & Senior High School?

Roughly speaking, the main reason I came to Yokohama Hayato was that I had just finished a graduate program in teaching, and Yokohama Hayato, unlike a lot of “English teaching” jobs offered a position teaching rather than a job as an assistant, or as a drone running a pre-made program.

3. What do you enjoy the most about your position?

I know it’s trite for a teacher to say it, but I enjoy interacting with, learning from, and teaching my students, no matter whether it’s simple human-to-human contact, or them telling me more about how their world is different from mine, or seeing the lights go on behind their eyes when they finally understand something that I’m working on.

4. What are some of the challenges you face?

This is also, I’m sure, pretty trite, but there is an awful lot to do.  And no matter how carefully I prioritize, things still come up that need to get done.  Balancing and juggling the different work is the most significant challenge.  Aside from that, there’s the difficulty of preparing lesson plans and materials that a variety of different teachers all agree will “work” in their classrooms, in their styles, and with their students

5. Please tell us more about the Kokusaigoka program.

The Kokusaigoka (International Language Course or ILC) is a kind of school within a school.  Simply put, it’s a program centered on the humanities (almost excluding math and science), with a special focus on English.  Because there are only about 100 students in each grade, they all get to know each other very well.  Most of the teachers associated with a particular grade level soon get to know most, if not all, of the students in that grade. Put in the most positive terms, we like to say it’s a kind of “ILC family.”  Like all high schools everywhere,  students are varied, but in some ways, I think the ILC draws from a slightly wider curve… outliers are more common if that makes any sense.  

6. Do you have a message for the candidates that hope to work with you?

It’s certainly not the only school, but still one of few schools where you can join the Japanese educational system unfiltered and unfettered.  If you have felt you’re being held at arm’s length from what and how the local teachers are teaching, we have a good job for you.  If you’re already neck-deep in Japanese education and are looking for a new job, we have a great position for you!

学校の紹介【横浜隼人中学・高等学校】

横浜隼人中学・高等学校
横浜隼人中学・高等学校は大谷学園の一つ施設になります。大谷学園は昭和22年に横浜ドレスメーカー女学院を開校したのが始まりです。 昭和24年の学園設立認可から73年を迎え、専門学校1校、高校3校、中学1校、幼稚園2園を運営しています。 建学の精神「必要で信頼される人となる」のもとで約3000人の園児・生徒・学生が学んでいます。 

学力
基本的な知識や技能はもちろん、深く考え知識を活用する力や目標に向けて自ら学ぶ態度を育成します。 また、話し合いや発表などの言語活動を通して、他人の意見を尊重しつつ、自らを主張できるように育てます。

共生
自分自身の内面を深く見つめ、互いの違いを認め合うことを通して、思いやりの心をもって他者と接する姿勢や、国際社会で通用するコミュニケーション能力を育みます。 また、自然環境との共生について考える態度も養います。

健康
人間が生きていく上で、身体を健康に保つということはとても重要です。 本校では適切な運動や食育などを通して、自ら進んで健康に気を配る態度を育みます。 また、何事にも前向きに取り組めるような「心の健康作り」も大切にしています。

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー


校長挨拶
本校では、学力・共生・健康を3 つの柱とし、「人間教育」を最重要課題としています。他人への思いやり、環境へのやさしさ、差別や偏見のない広い視野、そして困難に打ち勝つ勇気を身につけることこそ新しい時代の扉を開く鍵となります。 校訓である「必要で信頼される人となる」のもと、一人ひとりが可能性を無限大に広げていくよう心から願っています。
吉野純三 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー

国際語科とは?

国際語科
国際語科(International Language Course: ILC)は2つの目標を掲げた学習活動を行っています。1つ目は世界共通語である英語の運用能力「イングリッシュ・プロフィシェンシー」(English Proficiency) を身につけ ることです。2つ目は世界に向けた広い視野「グローバル・リテラシー」(Global Literacy) を養うことです。将来、日本 の中だけでなく世界で活躍する人材となるためにもこの2つの力は重要だと ILC は考えます。

英語能力
英語は「学ぶ」ものではなく「使う」もの。自分の意思を他者 に伝えるためにある言語ならば、運用能力こそが大事だと ILC は考えます。そのために ILC は独自のカリキュラムを設定し、 世界で活かせるような英語力を身につけるための学習を進めて います。世界に自己を発信できる人。ILC はそういう生徒を育 てています。

 ■グローバルリテラシー
世界は多様な価値観に満ちあふれています。その中で生きて いく力をつけていくためには、時には教室を飛び出して、実際 に見たり体験したりすることこそが大事だと ILC は考えます。 世界にあふれる価値観を受け入れ、自分ならではの生き方がで きる人。ILC はそういう生徒を育てています。

この企業を見た人は、これらの企業も見ています