外資系・グローバル企業転職情報サイト。英語などの語学力を活かす、海外で働く。
Daijob.comはインターナショナルビジネスプロフェッショナルのための転職情報サイトです。

求人検索

キービジュアル キービジュアル
下記企業の求人掲載は終了しております。

注目ポイント

待遇・環境


早稲田大学は現在、2032年の創立150周年に向けて、「Waseda Vision 150」を策定、推進しています。
「Waseda Vision 150」は「世界へ輝くWASEDA」を目指しNext Stageへ
[研究の早稲田]世界中の大学人・知識人に早稲田大学では国際的にみて意義のある研究をしていると認めてもらえるようになること
[教育の早稲田]世界中の大学人・知識人に早稲田大学では効果的な教育を行い、優れた人材を輩出していると認めてもらえるようになること
[貢献の早稲田]どのような国や町に住もうとも、どのような組織で仕事をしようとも、世界人類のために貢献するという気概を持った人材を育成する大学になること
以上、3つの理念に基づく目標の実現を目指し、新たな決意を固めています。

また、勉学だけでなく、早稲田大学ではイベントや部活など学生主体となって輝ける場所がたくさんあります。

早稲田祭は日本最大規模の学園祭である早稲田大学では例年来場者数は約20万人という最大規模の学園祭がおこなわれています。様々な部活動がある中で、1903年に始まった東京六大野球の早慶戦は特に盛り上がるイベントです。 そのほかにも、新入生歓迎イベントなど季節に合わせたイベントが多くあります。
他にも早稲田大学には様々な取り組みや、魅力があります。その魅力を見つけ出し、たくさんの方に届けることが広報課の使命です。

グローバルポイント

早稲田大学は、文部科学省平成26年度「スーパーグローバル大学創成支援」(トップ型)に、「Waseda Ocean構想〜開放性、流動性、多様性を持つ教育研究ネットワークの構築〜」が採択されています。
建学以来、グローバルリーダーとして世界に貢献する人材の育成を掲げ、Waseda Ocean 構想は、「早稲田大学が世界を牽引し、世界に貢献する大学であり続ける」ことに目的にしています。


2019年までは年間8000人前後の外国籍学生が通年を通して在籍、4000人前後の留学生が様々なプログラムを利用して早稲田大学に留学するなど、世界中から優秀な学生・教師が集っています。
海外協定校は526協定数にのぼり、アジア、ヨーロッパ、北米、アフリカに拠点をもって早稲田大学の国際展開の推進に取り組んでいます。
様々な翻訳業務等をおこない、早稲田大学のさらなるグローバル化へとお手伝いいただける方を募集いたします。

取材者の目

現在広報室で働く方へのインタビュー



・入社理由
 前職でも大学職員として働いていたのですが、学生数などより規模の大きいスケールの大学で働いてみたいと思い入社を決めました。


・一日の流れ
 毎日業務の流れは少し異なります。ただ、それぞれ担当業務があり、私の場合は広報室としてSNSのスケジュール管理が主な業務です。その他にも他部署から英訳チェックを頼まれることもあり、語学力を活かせる場面が多くあります。


・大学職員として仕事をする上で意識していること
 コミュニケーションや敬語など、日本語ネイティブではない分意識する点は多くあります。


・この仕事のやりがい
 私自身日本で留学経験がないのですが、早稲田大学への留学生がもっと日本にいたい、日本で働きたいと思ってもらえるきっかけになるのはとても嬉しいですね!
また、広報活動を通して日本に興味のある留学生の手助けになるのは特にやりがいを感じるポイントです。


・求職者の方へのメッセージ
 大学での仕事は専門用語があり難しいことも多くありますが、質問や相談がしやすい環境ですので、
積極的にアドバイスを求めればすぐに仕事に慣れますのでご安心ください!

ココが自慢

早稲田大学早稲田キャンパス・ドローン撮影




早稲田大学広報課では皆様のご応募お待ちしております!
 

この企業を見た人は、これらの企業も見ています