グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

有元美津世のGet Global!

英語は7つの動詞でこんなに話せる(1)― 難しい単語は要らない2017.09.19


 私の英語ツイッターのフォロワーさんには、英語の勉強のために、ツイッターを通じて英語で発信している人たちがたくさんいます。彼らの英語に共通するのは、非常に簡単な英語で言えるところを難しい言い回しを使いたがる点です。

 たとえば、下記のツイート。

 I’ve completed 60 summer greeting cards 4 the time being. I’m gonna bring them 2 a nearby branch of Jpn Post Srv tmrw.

 Completeなど使わずに簡単な単語で、かつ簡潔に表現できます。

 I’ve done(written) 60 summer greeting cards. I’m gonna take them to the post office tomorrow.

 (暑中見舞いを60枚書いた。明日、郵便局に持っていく)


 さらに、I have to attend the dentist once a week.”というツイート。

「attend=通う」と丸暗記し、attendを乱用する人が実に多いのですが、そもそも英語でattend a dentistとは言いませんし、go toを使って下記のように言えば、間違えることもないのです。

 I have to go to the dentist once a week.

 また、「attend=参加する」と覚えていて、「パーティーには行けない」と断るとき、次のように言う人も多いですね。

  I can’t attend the party.

 「来賓」として招待されたフォーマルなパーティーであれば、attendでもいいでしょう。でも、友人宅で開かれるようなカジュアルな場に呼ばれて、こうした硬い表現を使えば、確実に浮いてしまいます。

 英語のネイティブスピーカーは、簡単な動詞を使って、次のようなフレーズを使います。attendなど使わなくても、goやbeで表現できてしまうのです。

  I can’t make it.

  I can’t go/come.

  I won’t be there.

「英語は7つの動詞でこんなに話せる」(ジャパンタイムズ)を10名様にプレゼント!!


ダイジョブドットコムで連載中の人気コラム「有元美津世のGet Global!」の著者・有元美津世さんの新刊『英語は7つの動詞でこんなに話せる』の発売を記念して、本書を10名様にプレゼントいたします!
⇒キャンペーン詳細はこちら

有元美津世著—ジャパンタイムズより9月発売

『英語は7つの動詞でこんなに話せる』

日常会話に難しい単語は不要。

単語の暗記、語彙増よりも基本動詞のマスター。
そして、単語でなくフレーズを覚えよう!
音声CD付き+MP3音声ファイル ダウンロード可。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

有元美津世

大学卒業後、外資系企業勤務を経て渡米。MBA取得後、16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。社員採用の経験を基に経営者、採用者の視点で就活アドバイス。現在は投資家として、投資家希望者のメンタリングを通じ、資産形成、人生設計を視野に入れたキャリアアドバイスも提供。在米30年の後、東南アジアをノマド中。
著書に『英文履歴書の書き方Ver.3.0』『面接の英語』『プレゼンの英語』『ビジネスに対応 英語でソーシャルメディア』『英語でTwitter!』(ジャパンタイムズ)、『ロジカル・イングリッシュ』(ダイヤモンド)、『英語でもっとSNS!どんどん書き込む英語表現』(語研)など多数。

合わせて読みたい