グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

有元美津世のGet Global!

就活に欠かせないNetworking(2)--日ごろの積み重ね2013.12.24

    就活に欠かせないNetworking(2)--日ごろの積み重ね

    アメリカでは求人の8割以上が公募されず、社員の口コミなど社内や業界のネットワークを通じて埋められると言われています。とくに不景気で就職難の時代には、求人広告を出すと、応募条件を満たさない応募者からのものも含め、膨大な応募が寄せられるのです。スターバックスでは、1年間に6万以上のポストに対し7000万人以上、P&Gでは2000のポストに対し100万人近くの応募があったといわれています。


    何百人という応募者を選考するよりも、人材採用担当者は、日ごろから築いたネットワーク(人脈)を通じ、適格者を紹介してもらう方が効率がいいわけです。 社員の口コミによる採用の方が成功率が高い、という調査結果もあります。


    ということは、求職者は、“社内や業界の口コミの輪”に入っていなければ多くの求人情報を入手できないということです。そのため、業界団体や交流会、最近ではソーシャルネットワークなどに積極的に参加して人脈を作ることが不可欠となります。


    ある在米日本人女性は、夫の転勤で転職が多く、引っ越す度に新天地で、働く女性の交流会などに加入しては、委員などを務めていました。そうして、他の会員などを通じて採用情報を内々で得て応募するのですが、彼女は常にこうして口コミで仕事を見つけてきました。こうしたNetworking力、積極的に人脈(コネ)を作って職探しをするのも、“実力”のうちなのです。


    「業界の先を見抜く(2)で紹介した新聞社勤務歴30年の50代の男性(Hさん)は、最近、元同僚の紹介で雑誌の編集の仕事を見つけました。私は、数年前に同じ職がネットで公募されているのを見たことがあります。前職者は締切を守らないため、クビになったそうで、雑誌の編集長が新聞社で働く知人に「誰か、いい人いない?」と打診したようです。週20時間のパートタイム職ですが、2つの技能試験が課され、たとえ知人の紹介でも、それに合格しなければ採用はされません。しかし、こうして募集情報が公募される前に応募できれば、それだけ競争は少なくてすむのです。

    老後の明暗を分ける業界選択

    元々、日本の新聞社と違い、米新聞社の給料は安く(ジャーナリズムに進むのは、大学で英語やジャーナリズムを専攻した人たちで、アメリカではエリートが選ぶ学科ではありません)、かつお金のことに疎い人が多いので、貯金もなく、家賃の支払いもままならない人もいます。そうした50代の男性が「30年前に、この業界がこうなることがわかっていたら、別の業界を選んでいた」と言ったのを、私は忘れられません。 

    同じ50代でも、安定した業界で30年働き、(公的年金とは別の私的年金である)企業年金をもらって、老後の生活は安泰な人も知っています。若いときに選んだ業界によって、老後に雲泥の差が出てしまったのです。

     


    30年後の業界動向を予測するのは難しいとしても、10年後くらいは見通せます。インターネットが台頭し、「既存メディアはこのままでは先がない」というのは、2000年ごろから言われていました。進路を決める際、長期にわたる将来性も吟味する必要があるということです。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

    この記事の筆者

    有元美津世

    大学卒業後、外資系企業勤務を経て渡米。MBA取得後、16年にわたり日米企業間の戦略提携コンサルティング業を営む。社員採用の経験を基に経営者、採用者の視点で就活アドバイス。現在は投資家として、投資家希望者のメンタリングを通じ、資産形成、人生設計を視野に入れたキャリアアドバイスも提供。在米30年の後、東南アジアをノマド中。
    著書に『英文履歴書の書き方Ver.3.0』『面接の英語』『プレゼンの英語』『ビジネスに対応 英語でソーシャルメディア』『英語でTwitter!』(ジャパンタイムズ)、『ロジカル・イングリッシュ』(ダイヤモンド)、『英語でもっとSNS!どんどん書き込む英語表現』(語研)など多数。

    合わせて読みたい