外資系・グローバル企業転職情報サイト。英語などの語学力を活かす、海外で働く。
Daijob.comはインターナショナルビジネスプロフェッショナルのための転職情報サイトです。

Menu

セミナー

下記は前回のセミナーです。

時間 講演内容 スピーカー
17:30-18:20

外資系・元人事部長が語る“パワフルな英文履歴書の書き方”

英文履歴書は自己PRツールですが、かなり多くの候補者が、面接官を意識できていないのが、勿体ない実情です。求められているのは、「面接官の目線」です。「何をどの順番で書くか」より、「どう書けば、面接官にとって読みやすくアピールできるか」の方が重要なのです。採用の舞台裏をお見せしながら、各パートをどう書いたら良いか、それはなぜかを説明します。
カバーレターは必要でしょうか? 提出する時に添付する、英文履歴書のファイル名の注意点は? 即答できなければ、「面接官」を意識できていない証です。英文履歴書に関してよく聞かれる質問も共有します。パワフルな英文履歴書が、すぐに書けるようになるセミナーです。
<※本講演は英語で行います>

鈴木 美加子 氏
(株)AT Globe (エィティ グローブ) 代表取締役 グローバル・キャリア・カウンセラー

GE、モルガンスタンレーなど外資系日本法人の人事部を転職し、日本DHLでは人事本部長を務める。1万人以上との面接経験を元に、国内だけに留まらず、海外在住の転職希望者のキャリア相談にも対応。英国発のアセスメント・ツール「ルミナ」を使った、キャリア・カウンセリングが好評。「外資系企業への転職ガイド(仮題)」を執筆中。
18:40-19:30

グロービス英語MBAプログラムの人気講師が教える 企業があなたを雇う理由とは? 転職成功のためのクリティカル・シンキングとストーリーテリング

ビジネスを実践していく上での“基礎体力”である「クリティカル・シンキング」と、聞き手を引きつけるコミュニケーションを可能にする「ストーリーテリング」。この2つの知識を応用することで、転職活動は大きく変わります。

今回のセミナーは、特に以下のような悩みを持つ方におすすめです。

・魅力的な履歴書の書き方を知りたい
・面接で、自身の経験や情熱をもっと伝えたい
・自分に本当に合った仕事とは何か考えたい

講師を務めるのは、自身もユニークな転職経験があり、TEDxをはじめ様々な場でスピーカーとして精力的な活動を続けるDarren Menabney氏。
<※本講演は英語で行います>

ダレン メナブニー 氏
学校法人グロービス経営大学院 英語MBAプログラム 講師

カナダ政府においてビジネス開発、外交施策などに20年以上従事。2011年に来日、現在は大手多国籍企業でグローバル人事プログラムをリードしつつ、グロービス経営大学院にて『クリティカル・シンキング』などを、IDEO Uにて『ストーリーテリング』を教える。トロント大学 天体物理学部卒業、グロービス経営大学院(MBA)修了。
19:50-20:40

世界4極で活動する異文化コンサルタントが明かす~
外資・グローバル企業にて求められる英語以外の「見えざる能力」とは?

あなたが日本市場で事業を営むグローバル企業で活躍する上で、ある「見えざる能力」が不可欠であることが知られていません。もはや英語力や自己主張スキルは世界の誰もが有する「見える能力」という点で自分独自の貢献をすることにはつながりません。「見えざる能力」とは、「日本型の価値観」「公の善」「新たな語彙」です。これらが混迷するグローバル社会の羅針盤となって、世界市場への営業~事業開発~非日本人ボスの支援といった戦略的なキャリア開発にどうつながるのかを明らかにしたいと思います。
<※本講演は英語で行います>

河谷 隆司 氏
株式会社 ダイバーシティ・マネジメント研究所 代表取締役

世界18ヵ国の日系と外資系企業、政府機関、経営大学院で異文化マネジメント、日本型ビジネス文化を指導。マレーシア戦略国際問題研究所を含めアジア勤務17年。外資系社長へのコーチング、外資系企業の日本企業買収前後の文化統合コンサルティングにも携わる。日本文化を英語で発信するネットテレビJapan Spiritキャスター。著書『Winning Together at Japanese Companies』他多数。