グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

無料キャリア相談  ーその他転職関連ー

Q海外大学院卒業後の進路について

20代| 女性 | 生命保険・損害保険 | 総務/人事/法務 - 人事

はじめまして。現在イギリスのビジネススクールにて修士号を取得中です。 修士課程が終了するのは今年 8 月末、帰国してからの転職活動では遅いと思い、今色々なウェブサイトを通じて次のキャリアを考えているところですが、実際に卒業証明が出るのは、今年 12 月になります。この場合、転職活動を今から行うのは早すぎるのでしょうか。募集案件によって勤務開始日の設定があったりなかったりするかと思いますが、どのタイミングで日本国内での就職活動をすべきか明確に分からずにいます。

現在人事戦略課程に在籍しており、過去の経験も生かせるため、もちろんその道、特にグローバル人事に関わっていける仕事に大変興味があります。

また、今まで外資系企業に籍を置いたことはありますが、上司、取引先はみな日本人だったため、実際に英語を使ってビジネスに携わった経験はありません。TOEICのスコアによると「流暢」というカテゴリーに入るようですが、実際の職場でのコミュニケーションにおいて自分の現在の実力がどの程度通用するのか分からずに応募し、外国人担当者との面接で身の程を思い知らされる、というパタンを想像してしまうのは悲観的でしょうか。

今の自分の置かれている状況の中で、次の就職を成功させるために取るべきステップのアドバイスをお願いします。

Aお答えします

ご転職活動を始めますと、実際に面接等に呼ばれた際に、日本に帰国する必要が生じます。面接は複数回あることを考慮すると、物理的に英国にいたまま転職活動を始めることは難しいと思います。

 

求人サイトなどを通した情報収集や、レジュメの整理などをまずは準備し、本格的な転職活動は帰国後からスタートすることが現実的だろうと思います。9 月に帰国されたとして、年内の就労を目指すことになると思います。

 

英語に関してですが、英国でブラッシュアップされていらっしゃると想像します。ビジネスの場で活用したことがないとのことですが、これは今後、そうした場面が外資系企業で働いていれば増えてくるものと思います。外資系の組織は、ファンクションによるマトリックス組織が多く、日本法人のみならず、アジア地区の本社と直接仕事をすることも増えてくるでしょう。

最近は海外へ展開する日本企業のグローバル人事の需要が増えているようです。こういったポジションには 3 年以上の実務経験を求めるケースが多いので、3 年以上のご経験をお持ちであれば、グローバル人事の中途採用を集中的に狙っていかれることに賛成です。

 

中途採用の応募で 8 月末に帰国の場合は、7 月に入ってから興味のある企業や転職サイトをリサーチし始め、8 月に入ってから応募すればよいと思います。書類選考を通過した後に、面接の日取りを 2~3 週間企業に待ってもらうことは難しいからです。

 

英語能力については、イギリスで修士課程を取られるほどの能力をお持ちなので問題ないと思います。ただし面接を英語で受ける場合は日本語の場合より緊張されると思いますので、しっかり準備をして自信を持って取り組んでください。また、海外経験は語学力以外にも視野の広さ、考えの柔軟性、コミュニケーション能力、変化に対する適応力など評価の要素は様々だと思います。残りの滞在時間が転職活動だけでなく、貴重な人生の経験として有意義なものとなるよう願っています。

無料キャリア相談一覧へ


Daijob.comで外資系・グローバル転職を実現させましょう!