グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

無料キャリア相談  ーライフスタイルとキャリアー

Q高年齢転職の可能性について(自動車業界希望)

54代| 男性 | 外資企業 | 機械・精密機器 | エグゼクティブ/経営/管理職 - 事業部長/エリアマネージャー/統括管理

外資自動車関連企業の開発管理を取りまとめています。 現在、会社の再編で他のグループ会社に統合されることが計画されています。再編される側としてはやはり業績に陰がある事実は否めません。 この状況から転職を決意しましたが、初めての自らの転職となります。しかもこの高年齢で。 現在の会社では私 も採用面接に参加し59歳の営業部長を実力優先で採用した経緯があり、年齢は関係ないと経験してきましたが、現実的にどうでしょうか。アドバイスなどありましたらお教えください。

それよりも転職をスムーズに行うには何をどうしたらよいでしょうか? 最終判断は早期の楽隠居ですがそれは避けたいと考えている今日この頃です。

Aお答えします

50代の転職、それも初めてとなると、通常の転職エージェントが扱っている求人に対しては、なかなか対象としてもらえないかもしれません。つまり、ご応募されても、書類選考でご縁なしという確率がかなり高いということになります。これはあくまでも転職市場が求めている人物像とのかい離が大きいというだけであり、もちろん、ご本人様の能力ややる気とはまったく関係ないレベルの話になります。

 

一方、おっしゃるように、営業部長もしくは社長をはじめとした会社業績に直結する重要な経営職の場合、年齢以上に、直近の具体的な実績が見られますので、やはりその部分で他者から評価される具体的な実績をお持ちであれば、その点をアピールすることで、例外的な採用が実現することはあると思います。

 

一般的には、40代、50代の方の転職、再就職が、現在大変厳しい状況にあることは、ご承知おき頂きながら、可能性を探るというスタンスでベストを尽くされることをお勧めいたしたく思います。

外資系自動車関連にて、開発部門を取りまとめてきた経験は素晴らしいと思います。

 

その会社が統合されるとは、働いている身からしたらとても残念ですよね。さらに今回は初の自らの転職活動となれば、不安も多いとお気持ち察します。

 

ご自身の年齢の転職は、仰るとおり難しくなります。しかしそれは一般公募や人材会社経由での転職においてです。

 

年齢が増した転職において重要になってくるのが、縁故です。ご自身のネットワークは若手転職者には無い強みです。ここはご自身の強みを活かして、会社の取引先、当日の部下や上司、その他ご学友などあらゆる知人に直接、もしくは知人からの紹介で企業とコンタクトしてください。

 

そして面接もしくは面談に進んだ際には、安心せずにしっかりと準備してください。やはり企業側は、組織になじむか、どのくらい続けられるかなど採用に不安を覚えてしまいます。

 

相手の不安要素を理解して、その不安を払拭できるような回答を準備して臨んでください。きっと今まで開発部門で手腕を奮っていた方だと思うので説得できるようなエピソードは沢山持ち合わせていると思います。

 

隠居生活はまだ早い、と思っているのであれば、市場がどうの、年齢がどうのと弱気にならずに、前向きに頑張ってください。後輩のお手本となるような転職活動を期待しております。

無料キャリア相談一覧へ


Daijob.comで外資系・グローバル転職を実現させましょう!