グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

無料キャリア相談  ー外資系転職についてー

Q真剣に就職先を探しています。

20代| 男性 | その他コンサルティング | コンサルティング - その他(専門コンサルティング)

現在28歳にて就活中の男です。

同年代の他の人とは少し違う道を歩んできました。
日本の4年制大学を2011年に卒業し、その後2012年6月~2015年3月末までアメリカへ留学、現地のコミュニティカレッジを卒業して帰国しました。ただ周囲が期待するような英語力が身についておらず、それが引け目となり、面接などでアピールをすることができず大企業狙いの就活は失敗、外資系も自分の英語力では受け入れられる訳がないと勝手に解釈し、応募しませんでした。
そんな中、たまたま仕事を手伝ったコンサルティング会社にスカウトされる形でバイト入社。新規開拓営業・営業事務・資料作成を担当しました。正社員の話もいただきましたが、条件にどうしても未来が見えず、今年に入ってから転職活動を始めるも、良い先が見つからないままでした。
そして最近、自分の中で勝手に無理だと決めつけていた外資系の中途採用を調べてみたところ、自分の先入観とは違う募集要件の処が数多くあることを発見したのです。
TOEICは885点あります。英会話は今、取り戻すべく、猛勉強を始めました。単語も分からないものは辞書を片手にですが、英文書も読めます。
今は出遅れた分を取り戻すべく、やる気に満ち溢れています。
コミュニケーション能力・事務作業能力・集中力がPRできるポイントです。
現職場は今月末で辞めることに決まっています。
こんな経歴・事情ですが、外資系企業に中途採用される可能は現実的にありますでしょうか?
それとも、このスタートの差は他の転職者と比べて著しく不利であり、採用するであろう企業は少ないのでしょうか?
こんな私でも採用される為にするべき事は他にありますでしょうか?
お答えいただければ幸いです。宜しくお願いいたします。

Aお答えします

こんにちは、グローバル人材プロデューサーの鈴木美加子です。
ご事情をよく読ませていただきました。外資系企業に中途で就職すること可能だと思います。
確かに外資系企業は即戦力を求めますが、20代はチャレンジ精神など経験のなさを大目に見てもらった上での就職がまだ可能な年代だからです。情熱を見せることで機会を勝ち得ること、可能だと思います。

 

やるべきことは多分ふたつありまして、

 

a)  ご自分を信じること

 

「こんな自分」という卑屈な想いを手放すことです。留学したけど英語を身につけなかったかもしれないこと、就活に必ずしも成功しなかったかもしれないこと、みんな過去形で覆すことはできません。企業は前を向いているポジティブな人材を好むので、ご本人が下を向いていると面接に現れて、通らないので注意してくださいね。

 

b) 転職先を決めないで辞める理由を考えること

 

必ず聞かれると思いますので、企業の面接官が効いて「あーそれならしょうがない」と思える理由をよく考えてください。極端な 例ですと、「つまらなかったし、もう我慢できなかった」などは、かなりネガティブな理由にあたります。

 

頑張ってくださいね。応援してます。

無料キャリア相談一覧へ


Daijob.comで外資系・グローバル転職を実現させましょう!