グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

鈴木美加子のグローバル人材塾

外資系での初めての英語面接 – 攻略法2020.11.17


元・外資系人事部長、現グローバル人材プロデューサーの鈴木美加子です。本日のテーマは、英語での面接攻略法です。

最近続けて、英語での模擬面接をする機会があり、どうすれば外資でのはじめての英語面接を攻略できるかをずっと考えています。そこで、準備段階から本番までの流れをまとめました。

1.面接官が誰かを確認する
1次面接の相手が誰であるかを確認していない候補者が半分くらいは居て驚くのですが、面接官によって聞く質問は変わるので、必ず確認しましょう。

人事の場合 : 確認したいのは人柄と企業文化との適合性です。人としてどうかを見られるので、尊大な態度・自信がなさすぎる・ハッタリが多すぎるなどは要注意です

部署の場合 : どのぐらい即戦力になる人物かの確認が目的です。スキル・経験値を問われます。聞かれた質問に短くロジカルに答えられることが大切です。時々返事が長すぎる人がいますが、地頭を疑われますので気をつけましょう。

アジアパシフィック本部や本社の場合 : 相手が確認したいのはあなたの人材としての器です。ビジョンがあるタイプなのかどうか、英語が必要なコミュニケーションをうまくこなせる人材であるのかが知りたい事柄です。この段階であなたの返答が細かい枝葉ばかりにとらわれていると、器が小さいと判断されます。

2. 身なり
外資の場合、面接官はほとんど候補者の服装を気にしていませんが、清潔感だけは保ちたいところです。業界によって全くカジュアルで構わないところも、せめてジャケットを羽織りたいところもありますので、どのような企業文化なのかを確認した方が無難です。わからないときには、「スーツでなくても大丈夫ですか」と聞いて、相手の反応から判断してください。

3. 第一印象
現在のところ面接官は人間でありAIではないので、「感じが良い」候補者かどうかは合否に影響を与えます。メラビアンの法則通り視覚は大きな影響を与えるので、第一印象を大切にした方が得です。「愛想がない」と言われることが多い人は、冒頭で名前を言って挨拶をするときに一回でいいのでニコっと笑って、第一印象を良くすることを心がけてください。

4. 企業研究
面接に行く企業が第一志望であってもなくても、必ずして欲しいのが事前の企業研究です。最低限ホームページをよく読む、そして社員の口コミオープンサイト、オープンワークを見ておくことをおすすめします。企業について質問をされた時、よく研究しているなと言う印象を与えるためであり、こちらから質問する際にHPに書いてあることを聞かないためです。

5. 想定問答を考える
面接官にどんなことを聞かれそうか、前もって英語で想定問答を英語で考えると、当日その場で英語を考えることにエネルギーを注がなくて済むのでだいぶ気持ちが楽になります。この時気をつけるべきなのは、スクリプトをガチガチに固めて覚え込まないことです。

面接官はあなたではありません。そして、面接官はプロです。あなたが考えた通りの質問をするとは限りません。変化球が来たときに対応できずとあたふたしないように、くれぐれもスクリプトを固めすぎないように気をつけてください。ここのところエンジニアの候補者で、外資IT企業に転職したい方々の英語面接をしていますが、どなたもスクリプトがきちんとありすぎて、私が投げた変化球に対応できていません。

6. 緊張しすぎて英語力を下げない

あがりすぎるとプレッシャーがかかって、頭が真っ白になったり心にゆとりがなくなったりして、相手とアイコンタクトを取るどころではなくなります。たかが英語、重要なのは中身です。あなたに中身があれば、英語力が多少足りなくても合格する可能性はあります。英語を考えることに全神経が集中して思わずほとんどずっと天井の方を見ていることなどがないようにしましょう。英語で仕事をすることに慣れている人たちにとって、アイコンタクトは最低限のコミュニケーション力です。

本日は初めて英語面接を受けるときに、どのような順番で準備したらよいかについて話しました。
応援しています!

オンラインサロン『鈴木美加子のグローバル人材塾』

オンラインサロン『鈴木美加子のグローバル人材塾』


多様性を受け入れ、英語でロジカルに発表・主張できて外国人と協働できるグローバル人材の集いです。楽しく学びながら、コミュニティの中で継続的に成長することができます。
コンテンツの概要は以下の通りです。

  • ・週1の記事・動画配信
  • ・週1のライブ配信
  • ・キャリアのお悩み相談
  • ・外部ゲストの講演会
  • ・月1の懇親会
  • ・個別キャリア相談を割安で受けられる

 

初月は無料なので、お気軽に覗いてみてください。詳しくはこちら↓

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

鈴木美加子
グローバル・キャリア・カウンセラー /(株)AT Globe 代表取締役

日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガン・スタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でもないが、TOEIC960点をマークし外資系企業でキャリアアップした経験を元に、個人のキャリアアップを支援している。2011年から18か月、オーストラリアに居住し、海外勤務・海外からの帰国希望者のキャリア相談にも乗ることができる。
個人向けのキャリア相談の他、企業向けに、リーダーシップ研修、チームビルディング、組織分析、異文化マネジメント、グローバルコミュニケーション研修を行っている。ルミナスパーク、ルミナリーダー公認講師、ホフステード異文化モデル公認講師、STAR面接法・認定講師

株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

強みを最大限に活かし、個の力を発揮出来る人材を一人でも増やすことで、母国を元気にすることをミッションとする。ルミナというアセスメント・ツールを使い、個人・法人向けの人材育成事業を行う。

 

合わせて読みたい

---