グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

ホフステード異文化モデル - 男性性 vs 女性性2018.05.22


元・外資系人事部長、現グローバル人材プロデューサーの鈴木美加子です。本日は、ホフステードの異文化モデルの切り口から「MAS(Masculinity=男性性) vs Femininity(女性性)」をご紹介します。


男女差に敏感な現代において、少し誤解されそうな切り口ですが、「モチベーションになるものは何かを問う」軸と思っていただければと思います。いわゆる性差とは違います。


国民に「成功するとは何を意味しますか?」と問いかけた時に、MAS度が高い国では、「肩書き、地位、年収、大きな家、高い車」など他者より秀でることが上がり、人々は働くために生きる傾向にあります。MAS度が低い国では「生活の質、小さくゆっくり美しいこと」などが上がり、人々は生きるために働く傾向にあります。


日本の数値は、1から100でどのくらいの数字だと思いますか? 高い方に入るだろうことは、想像できるだろうと思います。過労死する人がいて、残業が多いことで知られている国ですからね。日本のスコアは95で、現在のホフステードのデータで日本より高い国はありません。世界一、MAS度が高い国であるというわけです。これを自覚しておくことは非常に大切です。そうしないと、外国人と仕事をするときに、日本流を押しつけたり期待値が高過ぎたりで大変なことになります。


例えば、会社員時代、アメリカ、イギリス、ドイツと仕事をすることが多かったです。それぞれのMASのスコアは、アメリカが62、イギリスが66、ドイツが66です。世界の中で見れば、決して低い数字ではありませんが、比較すると日本よりだいぶスコアが下がることになります。


外資系とは言え現地法人は日本人が多いので、17:30にピッタリ退社している人はいませんでした。これが、海外の同僚はピッタリ退社で急ぎのメールの返信が来なかったなんてことはしょっちゅう起きていました。彼らが怠惰なのかというとそうではないのです。「仕事のためにすべてを犠牲にして、仕事が残っていたら終わるまで帰らない」というような価値観では無いわけです。ファミリーの方が大事だったら、仕事は仕事、プライベートはプライベートとしっかり切り分けしているわけです。 休暇は当然の権利なので2週間でも3週間でも取ります。「全く仕事しないんだから」は、その国の価値観を理解しないコメントになります。


アジアの時代である昨今、アジア各国のスコアも見てみましょう。シンガポール 48, マレーシア50, 中国66, 台湾45, インド56、ベトナム40といったところです。目覚ましい経済発展を遂げた中国を除くと、そんなに数字は高くないことがわかります。アジア人と仕事をしていて、「スピードが遅い、納期を守らない、やる気を感じない」などと思ったことはありませんか? 私はあります。アジア・パシフィックの仕事をしていた時、頼んだことの締め切りをインドがいつも守らないことに悩まされていましたし、リマインドしないと出てこないと決まっている国もあって、本当に辟易していた時期もありました。振り返ると、日本の価値観を押しつけていたんだなと思います。


MAS度がもっと低いのは、北欧の国々です。フィンランド26, デンマーク16, オランダ14, ノルウェー8などです。社会保障制度が発達した国々なので、過労死するまで働く必要がないという現実もあると思いますが、ワークシェアリングをしたり、家族のために早く帰宅したり、ゆったりした「生活の質」を求めて暮らしている人が非常に多い国々と言えます。


日本でもようやく「働き方改革」が叫ばれるようになりました。時代とともに少しづつ変わっていくかもしれません。根っこのところに、「対立思考、成功者を賞賛する傾向にある、大きく速いのが良いこと」と思いやすい国民性であることを認識して、外国人と仕事をするときには、相手の国のMAS度を意識して押しつけにならないように工夫して協業するのがコツでしょう。具体的には、急に仕事を振らないようにする、時間外に相手が働くことを期待しない、などです。ホフステード異文化モデルを知り、グローバル人材として活躍する上でぜひ生かしてください。

世人塾[上級編]オープンセミナー


ホフステードの異文化モデルは、世人塾の上級編で学びます。
TOEIC750点越えした方で、グローバル人材になるためのコツを知りたい方は、2時間の[上級編]オープンセミナーへぜひご参加ください。
詳細はこちら


■7日間無料メールセミナーご登録はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

鈴木美加子
グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

 

合わせて読みたい

---