グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

多様性の力を生かせますか?2016.06.21

 

 元・外資系人事部長、現グローバル人材プロデューサーの鈴木美加子です。

多様性という言葉からどんなことを思い浮かべますか? 日本の企業ですとジェンダー、つまり「男性・女性」を思い浮かべる方も多いかもしれません。外資系にお勤めで外国人に囲まれて仕事をされているなら、人種の多様性を思い浮かべるかもしれません。

 

単一民族国家に近い国で生まれ育ち仕事をしていると、「自分と異なる」ことへの許容力が落ちてしまいがちです。例えば宗教。日本人は特定の神を信じるというよりは、全てのものに神は宿るという考え方のことが多いので、敬虔な信徒のニーズに気がつかないことが多いです。

 

2015年フィリピンに出張した際、ローマ法皇のマニラ訪問とタイミングが重なりました。フィリピンは90%以上がカトリック信者の国なので、ローマ法皇は絶対なる存在です。法皇の飛行機が空港を使用する前後6時間、他の飛行機は一切は離陸も着陸もできませんでした。また事前に、空港から市内、全ての信号機を止めてパレードの予行演習をしたのには、本当に驚きました。法皇の身の安全が何ものにも優先する文化を、目の前で目撃したからです。

 

ただ私には、29才の時に正統派ユダヤ人が出張で来日した際、彼らの食べ物のことで苦労したカルチャーショック体験があったので「なるほど、そうなのかぁ」くらいで済みました。

 

宗教の多様性を体験したことがないと、例えば次のような状況で正しい判断を下すことが難しくなります。

 

「あなたは日本で行われる国際会議をコーディネートすることになりました。日本人以外の参加者は、アメリカ、イスラエル、韓国、中国、台湾、香港、シンガポール、マレーシアから来日します。日程の候補は、2017年2月2日(木)と2月3日(金)が出されていますが、これでよいでしょうか?」

 

答えは、この日程は変更する必要があるです。

 

まず、2017年2月2日は、来年の春節(Chinese New Year)の最後の日にあたります。日本に置き換えれば、1月3日にアメリカ出張に来てくれと言われているようなものです。まだだいぶ先で他の日にすることが可能な状況で、わざわざ選ぶべき日にちではありません。

 

また、2月3日の金曜日ですが、金曜日はイスラム教徒にとって集団礼拝が望まれる大切な日であることを覚えておきましょう。イスラエルから来日する参加者が正統派ユダヤ教徒だとすると、金曜日の日没から土曜日の日没は彼らにとっての安息日です。帰国するにあたり、飛行機に乗ったら日付変更線を越えてこの時間帯にぶつかるようであれば、その飛行機には乗れないことになります。

つまり、金曜日をわざわざ選ぶ必要はないということです。

 

このグループにとって2017年2月2日から3日の国際会議は、不都合が多すぎ、日程は変更したほうがよいという結論になります。遠くから時差を抱えて日本入りする参加者や全員の移動時間を考えても、週末に移動を済ませてもらい、月曜日と火曜日の組み合わせで行うのが効率良いと言えますね。

 

宗教はタブーの話題と思われがちですが、それは特定の宗教の理念について「正しい・間違っている」という議論をしないという意味です。全く触れないでいると彼らの宗教上のニーズを聞き出すことができないので、気楽に聞けるようになりたいものです。

 

この記事ではここまで宗教について書いてきましたが、多様性には他に、性別・年齢・人種・LBGTなど様々あります。多様な人間が集まるからこそ、革新的なアイディアが生まれます。多様性は受け入れるものではなく、生かすべき力だという考えが、世界では主流になってきました。

 

多様性の具体的な他の例や、どのように生かしたらよいか知りたい人は、世人塾のオープンセミナーにぜひご参加ください。

 

 

グローバル人材になるための必須スキルを習得「世人塾」オープンセミナー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

鈴木美加子
グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

 

合わせて読みたい

---