グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

英語でロジカルに話すためのフレームワーク:「ソラ」「アメ」「カサ」2015.09.15

 

元・外資系人事部長、現・グローバル人材プロデューサーの鈴木美加子です。

 

私は、グローバル人材を、「多様性を受け入れ、英語でロジカルに発表・主張できる人材」と定義づけています。

 

英語でのコミュニケーションで、ロジカルほど大切な要素は無いとも思っていますが、なかなか日本人が身につけるのは難しいが実感でもあります。

 

日本語ではロジカルにわかりやすく話せる方が、英語になると話がわかりにくいことは結構あります。日本語は漠然としていても通じる言語なので、母国語が日本語の人が、英語を話すとき、いきなりロジカルにと言われても困るというのが現実です。

 

ロジカルに話す習慣をつけるために、日本人向けに考案されたフレーム・ワークを覚えると便利です。

 

本日は、私がセミナーの中でもお話する、「ソラ・アメ・カサ」のフレーム・ワークを取り上げたいと思います。

 

「ソラ」は、状況。たとえば、「西の空が曇ってきました」だとします。

 

「アメ」は、意味合い。ソラを受けて、〜なるかもしれない、〜のようだにあたる部分です。たとえば「数時間以内に雨が降るかもしれない」になります。

 

「カサ」は、アクションです。たとえば「じゃ傘を持っていこう」になります。

 

「ソラ」→ 「アメ」→ 「カサ」と流れてこそ、ロジカルだと言えるのですが、日本人はこの「アメ」が抜けてしまうと分析されています。

 

「西の空が曇ってきました」「じゃぁ傘を持って行きましょう」で、誰も不思議に思わないのですが、本当にそうでしょうか?

 

「西の空が曇ってきても」「オフィスが地下道で駅と繋がっていれば」「傘は持っていかなくていい」になります。

 

「西の空が曇ってきても」「荷物が重すぎれば」「雨が降ったらコンビニで傘を買うことにして、傘は持っていかない」にもなります。

 

一番大切なのは、「アメ(意味合い)」なので、アメ抜けにならないようにしましょうというわけです。

 

もう一つ、サンプルを一緒に考えてみましょう。

 

「ソラ(状況)」が、「会社の売り上げが対前年比25%減になった」だとします。

 

どんな 〜かもしれない、〜のようだで終わる「アメ(意味合い)」が考えられるでしょうか?

 

例えば、アメが「このままだと、会社が倒産するかもしれない」だとすると、「カサ(アクション)」は、「売り上げ増のための、画期的な営業企画案を立てよう」になるわけです。

 

他にも、アメは「このままだと株価が落ちるかもしれない」、カサは「経費を削減するように全社挙げて取り組もう」なども考えられます。

 

慣れないと使いにくいかもしれませんが、何回も練習していると非常に役に立つフレームワークです。

 

これを使って、さくさく考えられるようになると、英語で話をするときにもロジカルに話せるようになりますよ。

 

英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を目指される方、セミナーで練習してみませんか?

 

「グローバル人材のための必須コミュニケーション・スキル講座」秋のシリーズ、いよいよ最終回です。9/17(木)19:00 – 21:00 @溜池山王

 

 

グローバル人材になるための必須スキルを習得「世人塾」オープンセミナー

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

鈴木美加子
グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

 

合わせて読みたい

---