グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

外資系で必要なスキル4 - Can do の姿勢2014.06.17

    グローバル人材プロデューサーの鈴木美加子です。


    今日は、英語人(欧米人)と仕事をする時の大切な心構えについて、お話ししたいと思います。


    それは、何かを依頼された時に、とりあえず、ポジティブに受け止める “Can do” の姿勢です。


    日本人は真面目ですし、出来るかどうかもわからないことを引き受けて、ちゃんと出来なかったらという責任感、裏返して、リスクを取らない傾向にあると思います。


    これに対して英語人は、ポジティブであることをよしとします。


    アメリカ企業のアジア・パシフィック本社で、仕事をしていた時のことです。


    私は人事のNO.2 で、トップではありませんでしたが、ボスが出張中で本社とのテレコンに代理出席しました。


    とりあえず、話の内容を聞いておいて欲しいというのが、ボスからの私への依頼でした。


    私以外のアジアからの参加者は、ITとFinanceのトップ。


    シンガポール人とマレーシア出身、現・香港人です。


    テレコンが始まる前、ITとFinanceのトップは、アメリカ本社から降りて来るプロジェクトが多すぎて、部下達に負荷がかかっているという雑談をしていました。


    いざテレコンが始まり、内容は、新たなプロジェクトをアジア・パシフィックで展開したいという依頼です。


    ここでなんと驚いたのは、同席した二人の反応です。


    さっきまで、忙し過ぎるとぼやいていたのに、


    “That sounds an exciting challenge.” “Great Opportunity.” などと言っています。


    驚愕した私の気持が顔に現れたらしく、目で「何も言うな」と制されました。


    テレコンが終って、きつねにつままれたような顔をしていたに違いない私に、二人が教えてくれたこと。


    「Micky, 英語人は、ポジティブなのが好きなんだよ。最初から、それは出来ないとか、出来る自信が無いなんて返事は、全く期待されてない。出来ないと言ってみたところで、本社が決めたら必ずプロジェクトは降りてくる。だから、とりあえずは、Can do の姿勢で受け止めて、必要な予算・時間・人手をどう確保するか即座に考えるのが、外資で上にいる人間の仕事だ。どうしても無理な時は、最初にNOと言わないで、言うタイミングを見計らう。それが出来ないと、君は上には上がれないよ。」


    なるほどと思いました。


    それから、外資で上の役職にあがるにつれ、彼らの言う意味を深く理解するようになりました。


    すでに会社員ではない私ですが、先日、某企業のカナダ人担当者と話していた時、ひどく面倒なリクエストを出されましたが、


    “Oh, that would be a great learning opportunity for me. It sounds challenging!” と答えている自分がいて、後から苦笑してしまいました。


    外資で行きていくコツのひとつは、そう簡単ではありませんが、常にポジティブに受け止める、Can do attitudeを持つことです。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

    この記事の筆者

    鈴木美加子
    グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

    日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

    株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

    英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

     

    合わせて読みたい

    ---