グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

グローバル人材塾「世人塾」?こんな風に進んでいます?2014.04.28

    ここのところ、外資系での面接のポイントをシリーズでお伝えしてきましたが、 
    今日は、3月にスタートしたグローバル人材・育成塾「世人塾」の様子についてお話ししたいと思います。


    先週、第4講を終え、残すところあと2回になってしまいました。


    以前「グローバル人材」を、多様性を受け入れ、英語でロジカルに考え、発表・主張できる人材と定義したのを、覚えていらっしゃるでしょうか。


    その中で、「多様性を受け入れる」「ロジカルに考える」「プレゼンテーション・スキルの基本」が終ったことになります。


    毎回、講座のスタートに、1分の英語スピーチがあって、クラスメートからと、講師である私からのフィードバックがあります。


    自分ではロジカルなつもりでも、”BUT”が何回も出てくるということは、流れがジグザグ蛇行しているので、他の人が聞いているとロジカルでないことが多いのです。クラスメートから「ちょっと途中がわかりにくかった」とフィードバックをもらって、やっと気がついたりします。


    「結論」→ 「結論をサポートする、データや理由3つくらい」 → 再び「結論」のテンプレートに当てはめると、組み立てやすいのですが、ついついこのプロセスを省いてしまうのですね。


    クオリティの高いプレゼンテーションを、外国語でするのであれば、まずは、しっかりフレームワークを組む必要があると、本人が気がつけばしめたものです。


    ロジカルなストラクチャーが出来たら、あとは、デリバリーの問題です。


    毎回のスピーチで指摘されることが多い要素のひとつは、アイコンタクトです。 
    英語で話す事で頭が一杯で、そこまで気が回らなくなり、ついつい、自分の体が向いている方にいる人達とだけ、アイコンタクトを取りがちです。全体とまんべんなく取るのは、結構難しいですね。


    それと、手の位置。前で組むと力が入り過ぎて、あがっているのがばれてしまったり、ついつい前屈みになって自信なさげに見えたりします。スライドを送るポインターをもったり、カチャカチャしないペンをさりげなく持って、腕は自然に脇につけるなど工夫が必要です。


    パワーポイントのスライドに、画像を入れる、程よくアニメーション機能を使う、文字をたくさん入れすぎないなども基本的なポイントです。


    皆さんの英語でのスピーチ、回を負うごとに良くなっていて頼もしい限りです。


    そして次回、第5講は、“Assertiveness(主張する力)”です。


    日本人は、そもそも人前で意見を言うように教育されて育っていないので、簡単に折れないで主張することを、外国語である英語でやるのは大変です。


    NOだって言うべき時には言わないといけないのですが、これがまた苦手。


    英語で強い口調で言われると、ついつい押されて“Yes”と言ってしまったり、黙ってしまったり。


    ここはかなり力を入れて、主張する練習をする必要があるので、レッスンの後半に、実際にネイティブスピーカーに登場してもらいます。生徒の方々には、英語でのシナリオを事前に課題としてお渡ししましたが、簡単に折れず、ロジカルになんとか自分の意見を主張することを、ネイティブ相手にやって頂きます。


    ビジネスで起こりうる、非常にリアルなケースにしてあるので、どんな展開になるのでしょうか。またご報告させて頂きますので、楽しみにしていてください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

    この記事の筆者

    鈴木美加子
    グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

    日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

    株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

    英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

     

    合わせて読みたい

    ---