グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

外資系での面接:ポイント42014.04.22

    面接では、短時間の間に面接官となるべく良い関係を築き、自分をPRする必要があります。つまり、通常の会話より格段上のコミュニケーション力が、求められます。


    そのために重要なことは、ふたつ。まずは自分のコミュニケーション・スタイルをしっかり把握しておくこと。そして、相手の好みのコミュニケーション・スタイルを、なるべく早くその場で理解することです。


    人間、自分のことは意外に客観的に見られないものですよね。


    わかっているようで、実はわかっていない。


    Lumina という英国発のアセスメント・ツールがあるのですが、まずは色で4つのタイプに分け、非常にわかりやすいです。


    Red: 結果重視型なので、回りくどい挨拶無しで、すぐに核心をついた質問にはいりたいし、ぽんぽんと話して欲しいタイプです。


    Blue: 根拠重視型で、細かいところに気がつくし、慎重で会話もゆっくりきちんと進めます。


    Green: 人間重視なので、まずは挨拶の会話をして、場を和ませてと気をつかいます。


    Yellow: アイディア満載型で、話していると楽しいです。会話があちらこちらに分散する可能性があるので注意が必要です。


    皆さんは、どんなコミュニケーション・スタイルでしょうか?


    しっかり把握しておいてくださいね。


    出てきた面接官は、どのようなコミュニケーション・スタイルが好みそうでしょうか?


    明らかにポンポンと話して欲しそうなのに、こちらがのらりくらりしていては、「仕事が遅いかも」と決めつけられてしまうかもしれません。


    細部を聞いているのに、こちらが、大雑把な答えばかりしていては、「詰めが甘い人材かもしれない」と思われてしまうかもしれません。


    このタイプの面接官に、話の方向が変わる散漫な答え方もNGですね。


    自分のコミュニケーション・スタイルが、相手のスタイルといつもイコールとは限らないことを、まずは理解してください。


    あがっていて余裕がないかもしれませんが、面接官が出すサインを見逃さずに、相手の好みスタイルで話せたら理想的です。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

    この記事の筆者

    鈴木美加子
    グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

    日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

    株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

    英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

     

    合わせて読みたい

    ---