グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

外資系での面接:ポイント22014.04.08

    外資系での面接とは言え、日本人同士になる場合、普通は日本語になります。

    それなりのポジションであれば、前もってヘッドハンターの方に、途中で英語に切り替えさせて頂きますと、一言お伝えしておくこともあります。

    覚えておいて頂きたいのは、そのような前もっての告知がなかったのに、面接の最中に急に英語になる場合があり得るということです。

    これは、世に言う圧迫面接ではありません。外資の人事では、圧迫面接はあまり好まれないのですが(相手に失礼という配慮から)、面接していて、「この人、本当に英語できるのかな?」と思う場合、確認のために英語に切り替えざるを得ないのです。

    例えばどんな場合かというと、TOEICの点数は履歴書上では高いけれど、話を聞いていると周囲に外国人がいないようだし、仕事の話からも、全く使ってないのではと思われる場合です。

    途中で急に英語になって、あたふたして総崩れになってしまうようでは残念すぎます。そうなるかもしれないと覚悟して、相手が英語になっても、落ち着いて自分の実力を出せるといいですね。

    面接官は、英語力だけでなく、不測の事態にどう候補者が対処されるのかも見ているのです。慌てないで対処してください。

    履歴書に書く英語力については、今の日本では、面接官にとってレベルが一番わかりやすいのはTOEIC, 次は英検、TOEFLの順でしょうか? IELTS, 国連英検、ケンブリッジ検定なども、存在は知られていますが、レベル感が面接官の頭の中にないことが多いので、ネットで、点数換算表を検索して、IELTS6.5 (TOEIC820-870相当)のように、添えた方がアピールできると思います。

    履歴書も面接も、自分をアピールするための機会なので、相手の立場に立ってどうしたらいいかを、考えるように心がけてください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

    この記事の筆者

    鈴木美加子
    グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

    日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

    株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

    英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

     

    合わせて読みたい

    ---