グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

採用担当が置かれている状況、わかっていますか?  英文履歴書を書き始める前に。2014.03.11

    前回の記事で、グローバル人材の定義を、ロジカルに発表・主張できる人材とお話させていただきました。

    今週の金曜日(3/14)に開講する世人塾(世界で活躍する人材を育てる塾)では、まず英文履歴書作りを致します。

    理由はなぜか?

    ご自分のキャリアがきちんと棚卸し出来ていないと、わかりやすい履歴書を書く事はできないからです。

    自分のこれからをしっかり見つめ、文章に落とす作業をすることで、自分に、もっとあったら良いと思えるスキルもマインドも見えてきます。

    書ければ、何かで話さなければいけない時、英語での自己紹介も少し度胸さえつければ、バッチリできます。

    頭の中が整理されているからですね。

    英文歴書の書き方については、ネットを見ればたくさん情報が出ていると思いますが、表に出ない採用担当者の事情をまず理解して、準備を始めた方がいいと思います。

    例えば、500人の企業が成長モードである年に200人採用したいとします。200人採用するのに必要な履歴書はその20倍、4,000枚です。

    1年に平日が300日くらいだとすると、毎日毎日、平均で13通の履歴書に目を通していることになります。新卒採用をする企業に舞い込む履歴書の数は、この比ではありません。

    あなたの履歴書の重みは、4000分の1以下かもしれないのです。

    採用担当のところには、“履歴書”とか“面接日時”と言ったタイトルのメールが毎日行き交っていて、整理はしているものの、うっかりしていると、どれが誰でどのポジションだかわからなくなるほどです。

    この状態で、相手に自分の名前を覚えてもらう、履歴書が埋もれないで簡単に検索できるようにするには、どうしたらよいのでしょう。

    答えは、メールアドレス、メールのタイトル、添付する履歴書のファイル名に注意するです。

    あなたの名前が、田中 健だとしましょう。 
    下記のAさん、Bさん、どちらからのメールが、後で検索しやすいかは明白だと思います。

    Aさん 
    メールアドレス Zirocks21@gmail.com
    メールのタイトル 履歴書送付の件 
    添付書類名 履歴書

    Bさん 
    メールアドレス Ken.Tanaka0621@gmail.com 
    メールのタイトル 田中 健より:履歴書送付の件 
    添付書類名 CV Ken Tanaka 03_11_14 

    例えば、東京本社から大阪の忙しい営業部長に、セールス候補の履歴書を数週間前に送付したとします。面接の20分前になって、履歴書が無いと電話がかかってきました。一度、印刷した履歴書が埋もれてしまったのか、後で印刷しようと思っていたのに、メールが見つからなくなってしまったかわかりませんが、とにかく20分後に必要な履歴書が無い!

    こんな時、Bさんのメールなら、いかようにも検索できるでしょう。

    残念ながらCさんのメールは、氏名と全く紐づいていないので、採用担当者がいつごろ営業部長にメールしたのかを必死に思い出して、彼あてのメールを追って探すしかありません。なんとかギリギリで見つかって印刷できたとしても、営業部長は、履歴書に目を通さないで面接に向かうことになりかねないのです。

    英文履歴書は、自分をセールスするツールです。売り込むからには、相手の立場にたち、どうすれば記憶に残るか、名前を覚えてもらえるかをよく考えて送ってください。

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

    この記事の筆者

    鈴木美加子
    グローバル人材プロデューサー/(株)AT Globe 代表取締役

    日本GEに入社して人事のキャリアをスタートさせ、モルガンスタンレーなどを経て、日本DHL人事本部長を務める。帰国子女でも海外赴任経験者でも無いが、TOEIC960点をマークし外資系でキャリアアップした自身の経験から、「なぜ」を細かく説明出来るところを強みとする。世人塾の他、グローバル・コミュニケーション、異文化マネジメント、リーダーシップ、組織分析など企業研修を行っている。

    株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

    英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

     

    合わせて読みたい

    ---