外資系・グローバル企業転職情報サイト。英語などの語学力を活かす、海外で働く。
Daijob.comはインターナショナルビジネスプロフェッショナルのための転職情報サイトです。

求人検索

キービジュアル キービジュアル

注目ポイント

image
Linux/OSSを追求する技術者集団

戦略・商品受託開発から脱却して知識集約型に転換


Partner of the Year受賞 (DRBDサポート)

地味だけど不滅のニーズを重視


当社の主力製品は、データ保護という、地味だけどニーズが不滅の分野に特化しています。


DRBDは更新中のデータを複数のコンピュータに同時に書き込むため、どちらかが故障してもデータは失われず、残ったデータでサービスを継続できます。2013年と2014年には「Partner of the Year」を提携先LINBIT社から受賞しています。


Baculaは夜間などにデータをネットワーク越しにバックアップするので、操作ミスによるデータの誤消去やランサムウェアによる悪意の書き換えに対する堅固な守りになります。


Linuxとオープンソースへの注力


かつてはWindowsや各種UNIXが高いシェアを誇っていましたが、クラウド、IoT、AIなど最先端分野ではLinuxが主要なOSの地位を確立しています。オープンソース・ソフトウェアは、安価に利用できるだけではなく、スピード経営に不可欠になりつつあります。


当社は1997年の創立以来20年以上にわたって、Linuxとオープンソースに注力してきました。


ストック型、知識集約型ビジネスの追求


海外の開発元との提携にもとづいて、サブスクリプションサービスやライセンスを年間契約ベースでお客様に提供する。これが弊社の戦略です。


お客様に満足していただけるよう、問い合わせに迅速に対応するだけでなく、ドキュメントや情報提供を日本語で提供することが重要です。このような活動を通じて、高い契約更新率や横展開が可能になります。


当社の現在の業務スタイルは、ストック型で知識集約型になっています。スキルを高めて回答をスピードアップして情報発信を増やすことが、さらなるノウハウ獲得のための学習や研究時間を増やすことにつながるのです。

トップメッセージ働き方を日々変革していきたい

「働き方改革」が時代の注目キーワードになっていますが、弊社は労働集約要素が強い受託中心のビジネスからの脱却をはかってまいりました。



かつて悪循環が


かつて弊社もインフラ構築サービスなどの業務受託を重視していました。よく言われることですが、要件の変更、突発的なスケジュールの変更や追加などによって、「デスマーチ」に近い状態に陥ることもありました。ある案件の遅延が他の業務の遅延を招く、といった悪循環も、起こりがちでした。


会社としても儲からないし、社員の疲弊も目に明らかでした。


自社製品確立を通じて悪循環から脱却したい


2008年に開始したDRBDのサポートビジネスは、海外の開発元と提携したサポートビジネスであり、自社開発製品にもとづくビジネスではありません。しかし、オープンソース・ソフトウェアとしてすでに潜在的に多数のユーザがいることは、大きな強みでした。これを担ぐことによって徐々に受託役務の比重を減らすことができ、今日に至っています。


すぐれたワークライフバランスを実現


その結果、社員の平均的な残業時間は約15時間/月以下、取りたい時に取得しやすい有給休暇など、ワークライフバランスに優れた会社に変革できました。次のステップは目標設定とレビューにもとづく人事評価制度の確立であると考え、本年度から新しい人事評価制度を取り入れています。