リスク・マネジメント | アヘッド グループ / Ahead Groupの求人詳細

求人検索

キービジュアル キービジュアル
更新日 2020-10-22
掲載開始日 2020-10-19

リスク・マネジメント
自動翻訳された求人です

  • ★★★ シニアレベル
企業名
直接採用

アヘッド グループ / Ahead Group

職種
アヘッド グループ / Ahead Group
IT関連(インフラ系) - ネットワーク監視
IT関連(インフラ系) - セキュリティシステムSE
IT関連(汎用系) - プロジェクトマネージャー
業種 銀行・証券関連
勤務地 アジア 日本 東京都

仕事内容 職務内容

所属部署: リスク統括部
<リスクデータ管理業務>
 BCBS239(データ集計原則)において、G-Sibsに求められているリスクデータを適時に正確に収集し報告する体制を構築するために、①ガバナンス態勢、②データ収集インフラ、③リスクデータ集計能力、④リスク報告態勢の継続的整備が求められている。
 4つのカテゴリのうち、主として②データ収集インフラ及び③リスクデータ集計能力の整備を行うための人材を要望するもの。
 具体的な業務内容は以下の通り。
 ・ データ収集インフラのデータ品質管理業務 (リコンサイル バリデーションチェック実務とその企画立案)
 ・ データ収集インフラを報告作成等に利活用するためのデータの拡充・メンテナンス業務(ビジネス要件まとめを含む)

対象年齢

ヴァイスプレジデント(35~40才位まで) 又は、アソシエイト(30才位まで)

登録資格
上記の業務経験者であることが望ましいが、BCBS239対応が本格化したのはここ数年であり、経験者のポートフォリオは限定的と考えられることから、当該業務に関連性のある以下の経験者を期待するもの。
 ・ リスク管理業務 (信用リスク 流動性リスク関連が望ましい。) 
 ・ 経理業務(金融機関) または、会計監査実務(金融機関向け若しくは金融商品会計の監査実務)
 ・ IT部門業務(リスク管理系 経理業務系) 
・ コンサルで上記関連業務の実務支援経験


コンピュータスキル・コミュニケーション能力の要件は以下の通り

○コンピュータスキル:

<必須要件>
・ エクセル、アクセス等を使用し、データの処理や集計分析ができること。

<望ましい要件>
 ・ プログラミングの経験があり、データベース等の扱いになれていること。
 ・ プログラミング言語を用い、大量のデータ処理や数値計算処理が行える。
 ・ IT開発プロジェクトのビジネスサイドの参画経験がある。
 ・ ITの開発メンテ案件においてIT部門と議論できるIT知識

○コミュニケーション能力:

<必須要件>
 ・ 関係者と良好な人間関係を築け、円滑なコミュニケーションがとれること。
 ・ 他者との調整、交渉を粘り強く行うことができること。
 ・ 日本語はネイティブレベル
 ・ 英語は、業務上必要なコミュニケーションを行えるレベル(重要要件)。

<望ましい要件>
・ 会議や折衝における高いプレゼンテーション能力

英語レベル:
業務上、海外拠点とのやりとりが必要であることから、登録資格のうち、「英語は、業務上必要なコミュニケーションを行えるレベル」であることを重視しております。
英語能力 ビジネス会話 (TOEIC 735-860)
日本語能力 流暢(日本語能力試験1級又はN1)
年収 経験と能力に基づく   
戻る

リスク・マネジメント

この仕事に応募する
気になる