Daijob.com is Japan's definitive job site for multilingual professionals.

Job Search

キービジュアル キービジュアル

Feature Article




クルマはもはや、移動体でなく、生活者のライフパートナーといえる時代。
我々は、ITがもたらす無限の可能性を信じ、人とクルマと社会をコネクトすることで
その常識や世界を、人々の理想に変えてきました。

その飽くなき姿勢がもたらす、豊かなモビリティ社会を実現するソリューションをご紹介します。

デジタルマーケティング事業
ディーラー・インテグレーション事業
テレマティクス事業
スマートコミュニティ事業
システム開発
システム運用





トヨタコネクティッドは、2018年5月1日現在、6カ国に7つの海外事業体を持ち、グローバルに事業を展開しています。
アジアパシフィック、中国地域からインド、中近東までテレマティクスをはじめとしたサービスで数百万のお客様や社会との接点を毎年世界中に創出しています。

2016年には北米・ダラスに「TOYOTA Connected North America, Inc.」を設立し、車載通信機(DCM)が装着されたトヨタ車、レクサス車から得られる様々な情報を集約するトヨタ・ビッグデータ・センターの運用と、もっといいクルマづくりに向けたビッグデータの研究、活用への取り組みをはじめました。

また、2018年3月、英国・ロンドンに「TOYOTA Connected Europe, Limited」を設立し、欧州市場のモビリティサービス推進と情報セキュリティへの対策を促進しています。
各拠点がシームレスに連携し、トヨタ自動車のモビリティサービスの提供を強力にサポートします。


Benefits/Environment働く環境

皆さんが楽しく安定した環境で働くように、当社は豊富な人事制度や福利厚生を用意しています。

【社内コミュニケーションの例】


【社内行事の例】


【リフレッシュスペース】


※ 他にも多くの人事制度・福利厚生があります。詳細はこちら

Job国内外の事業展開に積極的に参加し、法的な立場から支援

法的知識を駆使してリスクを事前に回避する


「法務」と聞いて仕事をイメージできる人は少ないかもしれません。
法務は、企業が抱えるコンプライアンスリスクに法的知識を使って向かい合うのが仕事です。例えば、契約書の作成や法律等への対応など、企業が安全に活動を続けていけるようフォローを行います。また、新しい事業を始める際には、積極的に中に入り法的視点からアドバイスを行うなど部門と一緒になって事業を進めていきます。
今後は国内だけでなく海外展開を踏まえたグローバルな視点で法務業務を行うため、より広い視野と知識を身につけて成長することが求められ、新しいことにチャレンジし続けるやりがいのある仕事です。


Q. 会社ではどんなキャラクターとして知られていますか?
A  法務はどちらかといえば、管理部署であり、法律を主として扱う仕事ですので、堅いイメージを思われがちですが、実は親しみやすいキャラクターとして知られています。法務はリスクを早い段階で把握することが必要なので、このキャラクターは仕事に凄く役立っていると自分では思っています。

Q. 休日の過ごし方は?
A  体を動かすことが好きで、サッカーが好きですね。社内の方とフットサルチームで活動するほか、プライベートでも別のチームに在籍して、心地よい汗を流しています。

Q. 仕事をする際、大切にしているポリシーは?
A  常識を超える製品やサービスを次々に生み出してきたこと。また、その気概が今もなお継続して感じられることです。仕事を通じてパイオニアになれる可能性を秘めていることは、モチベーションにつながります。

Q. 現在の目標は何ですか?
A  今は、国内のコンプライアンス管理を重点的に実施しており、海外子会社の管理については、ある一定程度実施しているもののまだまだ万全とはいえません。
今後は、国内はもちろん、海外子会社も含めグループ会社全体を統括したグローバルな管理を目標としています。


※他にも多部署の社員の声を聴けます。詳細はこちら

Top Message若い力で、我々と共に無限の可能性に挑戦してもらいたい!



トヨタコネクティッドの使命は、
人とクルマと社会をつないで豊かで心ときめくモビリティ社会を創造すること。


「トヨタコネクティッドって何をしている会社?」と思われる方が多いのではないでしょうか?トヨタ自動車の顧客向けインターネット事業を行っている会社と言えば分りやすいかもしれませんが、まずは、我々の目指しているビジネスの源流を知っていただきたいと思います。


当社は、当時のトヨタ自動車取締役豊田章男(現:トヨタ自動車社長)と私が発起人となってITと自動車事業が融合する時代が来ると予見し、「ITによってお客様との接点を作る」との想いで、2000年に創立しました。
インターネットもあまり普及していない時代のなかで、音楽やチケット販売、そして新車や中古車の商談予約ができる『コンビニ向けの端末』の開発から始まり、その後、2002年に「お客様との接点は、車の中にこそ作るべきだ!」と確信し、車載向け情報サービス「G-BOOK」を開発し、それが、現在までに「T-Connect」「レクサスG-Link」へと進化していき、国内だけではなく、北米、中国、タイ、インド、中近東へ展開するなど、コネクティッドカーの展開には、早くから着手して来ました。
現在、当社の管理しているクラウドに接続しているコネクティッドカーは100万台以上に達しており、その数は年々増大するなど、お客様と社会との接点を世界中に創出しています。


全てのモノがインターネットにつながるIOTの進展に伴い、クルマもネットワークに接続し様々なサービスを享受するようになりました。一方、そういうコネクティッドカーの普及と車から収集されるビッグデータが、新たなサービスやビジネスを創出しつつあります。


この先、本格的なコネクティッドカー時代を迎えるにあたり、「人とクルマと社会をつないで豊かで心ときめくモビリティ社会を創造する」という企業理念のもと、新たなる創業と自動車ビジネスの変革を目指します。


#########

Check out these other companies!

This posting is managed by:

トヨタコネクティッド株式会社

Company Information

Feature Article

Job List

Hot Agent