グローバル転職NAVI

キービジュアル キービジュアル

元・外資系人事部長のグローバル人材塾

会話もメールも 英語は3語で伝わります2017.06.27


元・外資系人事部長、現グローバル人材プロデューサーの鈴木美加子です。良い本を見つけたので、久しぶりに英語学習についてお話しします。

書店で英語のコーナーにいた時、平積みの量がすごかったので思わず手に取った本、本日のテーマである「会話もメールも 英語は3語で伝わります」by 中山裕木子 ダイヤモンド社 です。2016年10月に発刊されて、2017年4月に第12刷という好調さです。日本人の英語は、ともすると複雑でわかりにくいという視点から、My job is to teach English. より I teach English. の方が知的でわかりやすいが基本の考え方です。
 

学校英語の延長で社会に出て、職場でメールなどを書くようになるとついシンプルに書くことを忘れてしまいがちです。例えば、受身(能動態)で文章を書いてしまいます。English can be used by anyone. より Anyone can use English. の方がシンプルでインパクトもあり、よりナチュラルな英語に近いのですが、ついつい学校で習った能動態を使う癖が出てしまいます。本に出てくる他の例では、The project was started by the manager.  より、The manager started the project. の方がわかりやすいです。
 

また、学校で習ったイディオムも全て忘れていいと説いています。なぜなら単語ひとつで同じ意味を表す動詞が必ず存在するからです。
 

- He makes use of information on the internet.

- I will get rid of suspicions emails.

- The revolution gave rise to political changes.
 

は、それぞれ下記の方がわかりやすく、よりナチュラルな英語です。
 

- He uses information on the internet.

- I will delete suspicious emails.

- The revolution caused political changes
 

その他にも、There is/are構文をバッサリ捨てることも推奨されています。これは、主宰するグローバル人材育成塾・世人塾の参加者のライティングにも多いので、うなづきながら読みました。例えば、There are three female members in this group. より、Three female members have joined this group. もしくは、This group has three members. の方がはるかにベターです。日本語には、「ある」「いる」を、主語を明確にしないでも使えるのが、ついThere is/areを使いたくなる理由なのではと本書は指摘しています。
 

「3語に情報を足す」章では、前置詞を取りあげていますが、絵がついていてそれぞれの前置詞のニュアンスが大変わかりやすいと思いました。「on」「in」「at」のどれを使えばいいのか実はよくわかっていないというような場合、本書は役に立つと思います。
 

途中のコラムに「和英辞書を引くのをやめて、知っている単語で乗り切ろう」というお話しが出てきますが、おっしゃる通りです。世人塾のプレゼンテーションで難しい単語を使おうとして、思わず「えーっと」がでてしまう方がいらっしゃいます。私は、「やりくり下手」と呼んでいますが、TOEIC700点には700点の語彙が、900点には900点の語彙があり、一足飛びに難しい英単語を使うのは残念ながら無理です。今知っている単語をやりくりすれば、つっかえることもなくスムーズに会話することができるので、「知っている単語で乗り切る」ことに大賛成です。
 

この本は、TOEIC900点以上の方は読まなくて良いと思いますが、まだそこまでいってない方は、一度読むと頭の中が整理されるし、よりナチュラルな英語を書いたり話したりできるようになると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

外資・グローバル企業の求人1万件以上。今すぐ検索!

この記事の筆者

鈴木美加子
株式会社AT Globe グローバル人材プロデューサー

株式会社AT Globe グローバル人材プロデューサー 鈴木美加子

大学3年の時、自分だけが英語を話せないパーティーに海外で出席したのをきっかけに、帰国後英語を猛勉強。英検1級を取って、日本GE人事部に入社。モルガンスタンレー証券会社など外資系人事部を転職しながら、異文化コミュニケーション・スキルを磨き、日本DHLの人事本部長を務める。20年以上にわたる外資系人事部での経験、オーストラリア居住体験を基に、グローバルプレーヤーを目指す人材の、スキル・アップを支援する株式会社AT Globeの代表として活躍。新卒採用を含め1万人以上を面接しており、キャリア棚卸し、転職アドバイスなど、個の力を高めることに力を注いでいる。お茶の水女子大学卒業。

株式会社AT Globe http://atglobe.jp/

英語でロジカルに発表・主張できるグローバル人材を一人でも増やし母国を元気にすることをミッションとし、世界で活躍する人材を育てる塾(世人塾)を中心に、法人・個人向けのグローバル人材育成事業を行う。

 

合わせて読みたい